ビル・ワイマンのチャリティ・プロジェクト【ウィリー&プア・ボーイズ】

 93年リリース。元々は元フェイセズのロニー・レインが難病「多発性脳脊髄硬化症」に倒れたことから、ロニーをはじめとして同じ病気で苦しんでいる人たちのために何か出来ないかと考えたビルが、その病気の研究機関である「アームス」へのチャリティ・プロジェクトとして立ち上げたのがこのバンド。
 主要メンバーはビル、チャーリー・ワッツ、ミッキー・ジー、ゲレント・ワトキンス、アンディ・フェアウェザー・ロウ。
これに、賛同したジミー・ペイジ、ポール・ロジャース、クリス・レア、ケニー・ジョーンズ、レイ・クーパーなどがゲスト参加。
 収められている曲は1曲を除いてすべてブルース、R&B、ロックン・ロールの名曲カバー。
『ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー』はビッグ・ジョー・ウィリアムスのオリジナル。クリス・レアが渋い声を聴かせる。
『キャン・ユー・ヒア・ミー』・・・リー・ドーシーのナンバー。
『ズィーズアームス・オブ・マイン』・・・ご存知、オーティス・レディングのナンバー。ボーカルはポール・ロジャース。
『リベニュー・ホワイト・ライトニング』・・・ご機嫌なロケンロール。シェイキン・スティーブンスのナンバー。
『ユー・ネバー・キャン・テル』・・・チャック・ベリーの有名曲をニューオリンズ風にアレンジ。
『スリッピン・アンド・スライディン』・・・これもご存知、リトル・リチャードのヒット・ナンバー。ゲレント・ワトキンスのピアノが転がりまくる。
『サタデイ・ナイト』ロイ・ブラウンの曲。ボーカルはシェイキン・スティーブンスかな?
『レッツ・テイク・イット・オーバー』・・・タンパ・レッドのオリジナル。チャック・ベリーも取り上げていることから、ご機嫌なチャック・マナーのロケンロールになっている。
『オール・ナイト・ロング』・・・珍しくビル・ワイマンがリード・ボーカルをとっている。
『チッキン・シャック・ブギー』エイモス・ミルバーンのこれまたのりのいいアップナンバー。
『シュガーBee』・・・ピアノとギターが心地よいブギー。
『プアボーイ・ブギー』ラストはビルとアンディ・フェアウェザー・ロウの共作。これがなかなかいかすニューオリンズ風のナンバー。ワトキンスのピアノがまたいかす。

てことで、3大ギタリストが勢揃いした映像版「ARMS コンサート」とともに楽しんでほしい一枚。








Poor Boy Boogie
Castle
2008-02-26
Willie & The Poor Boys

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Poor Boy Boogie の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



アームズ・コンサート ~三大ギタリスト夢の競演~ [DVD]
バップ
2004-03-24
ロニー・レイン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アームズ・コンサート ~三大ギタリスト夢の競演~ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック