【BBC SESIONS 1973-1978】ドクター・フィールグッド

 一昨日は久々にバンドの練習を行ったのだが、チューニングが正確でなかったうえに、久しぶりの音合わせだったこともあってなんかあまり納得した出来ではなかった。
 しかし、ますますきちんとバンドのサウンドを固めていくことが大事だと思ったし、あんまりアレンジを凝りすぎたりせずにグルーヴを出すことの方が大切だと感じた。
 さて,そういったなかで何か参考になるものはないかと思ったら、ぴったりのものを見つけた。
フィールグッドのBBCセッションズ。
 前半13曲がウィルコがいた時代。後半8曲がジッピー在籍の音源。
そう、こういうサウンドをやっていく内に自然にR&Bのカバーも取り入れていくもいいかなと。
『シー・ダズ・イット・ライト』『ライオット・セルブロック#9』『オール・スルー・ザ・シティ』・・・。
 『ルート66』もかっこいいな。
やっぱり好きなのはウィルコ時代の曲が多いけど、ジッピーのスウィング感のあるギターも捨てがたい。
『ユー・アップセット・ミー・ベイビー』なんて曲はジッピーならではという感じ。
 ラストは俺のブログのオーナー名のもとになった『シュガー・シェイカー』。最高!!








Complete BBC Sessions 1973-78
Grand Records
2001-09-25
Dr. Feelgood

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Complete BBC Sessions 1973-78 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ゴーイング・バック・ホーム ライヴ・アット・サウスエンド・カーサル 1975
EMIミュージック・ジャパン
2005-03-16
ドクター・フィールグッド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴーイング・バック・ホーム ライヴ・アット・サウスエンド・カーサル 1975 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック