内田勘太郎【ブルース漂流記】

 知る人ぞ知る憂歌団の勘太郎氏のエッセイ。俺はこの手の本が好きでたまらない。
ミュージシャンが子供の頃の話、音楽(ブルース)にまつわる思い出、ギター(楽器)に対するこだわり、メンバーとの出会い等について、極普通に語ったもの・・・これがやはり面白いんだよね。
 メンバー同士の関わり方、同じ事柄についてもとらえ方、感じ方が違ったりするところ・・・。こういうのは本人達でなければわからないことなんだよね。
 だから、フィクションの何千倍も面白いし、魅力的なんだな。
まだ途中までしか読んでいないけど、やっぱりバンドっていいなぁという・・・結論になりそうだ。
※以前同じ憂歌団の中心人物・・・木村充輝の本も面白かったけど、この本と併せて読むと、憂歌団についてもっと理解しやすくなった感じ・・・。


内田勘太郎 ブルース漂流記 (未発表曲2曲収録CD付) (Guitar Magazine)
リットーミュージック
内田 勘太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 内田勘太郎 ブルース漂流記 (未発表曲2曲収録CD付) (Guitar Magazine) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2017年01月11日 21:50
へぇ~、こんな本が出てたんですか。そして木村も?全然知りませんでしたが俄然興味が湧いてきました♪ユ○オンみたいな専門ショップなら置いてそうなんで行ってみます!
2017年01月12日 13:06
木村充揮の本は「憂歌団のぼく、いまのぼく」というタイトルでK&Bパブリッシャーズから出ています。こちらも面白いし、深いです。

この記事へのトラックバック