ボビー・ブランド【ヒアズ・ザ・マン】

 ギター(あるいはピアノ、ハーモニカ)を演奏しながらブルースを歌うアーティストが多い中、ボーカルのみで勝負するかなり希な例であるボビー・ブランド。ボーカルのスキルはもちろんだが、ブルースの世界ではかなりもてたというか、アイドル的な人気もあったという。
 本作は名盤【トゥ・ステップス・フロム・ザ・ブルース】と並ぶブランドの代表作。
なるほど三大キングとか、マディ、ハウリンウルフなどのようなブルースに比べると、かなり下世話にヒットソングとしての色合いが濃い音楽だな。
 ブラス隊を中心として、ウェイン・ベネットのギターやジャボ・スタークスの粋なドラムスも、ブランドのようなスタイルにはしっかり合っている感じ。一番イメージとして近いのはレイ・チャールズかな?
ロ ック・ファンには、クラプトンも取り上げたことで有名な『ファーザー・オン・アップ・ザ・ロード』やブルース・ブラザーズのカバーした『ターン・オン・ユア・ラヴ・ライト』などをレパートリーとしていることが、興味を引くかも・・・。
この歌声を聴けば、彼がなぜ「ザ・マン」と呼ばれているかがよくわかるはず。






Here's The Man + 10 Bonus Tracks
Hoodoo Records
2017-10-13
Bobby Bland

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Here's The Man + 10 Bonus Tracks の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Two Steps from the Blues
Mca
2001-02-27
Bobby Blue Bland

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Two Steps from the Blues の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック