ヤング・ラスカルズ【ワンス・アポン・ア・ドリーム】

 ヤング・ラスカルズ68年リリースの3作目。基本的には前2作と同じくブルー・アイド・ソウルなんだけど、時節からサイケ・ポップの要素も加わって曲の構成もより複雑になっている。フェリックス・キャバリエ、エディ・ブリガッティ、ディノ・ダネリ、ジーン・コーニッシュの四人の他に、ヒューバート・ローズ、キング・カーティス、チャック・レイニー、リチャード・デイビスなどのゲスト参加でよりカラフルなサウンドに。編曲、指揮はアリフ・マーディン。
 てことで、ヤング・ラスカルズと「ヤング」のとれたラスカルズへの橋渡し的なアルバムと言えるかも・・・。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック