追悼マルコム・ヤング「'74ジェイルブレイク」

 以前から認知症のため、実質的に引退状態にあったマルコム。しかし64歳で亡くなるとは・・・。
AC/DCの場合、どうしてもアンガスのギターに注目が集まりがちだけど、ソングライティングの多くを手がけたマルコムの堅実なリズムギターがAC/DCの屋台骨であったことには、あまり言及されてこなかったように思う。
 マルコムの作り出すリフがあったからこそ、アンガスが自由にその上を泳ぐことが出来たのだ。
だから、AC/DCサウンドというのは、マルコムのサウンドに他ならないと言ってもいいくらい重要な役割を果たしてきたのだが・・・。
R.I.P マルコム安らかに眠ってくれ!
そしてアンガスたちはマルコムの意志を次いでさらなる地平を目指して欲しい。




74 Jailbreak (Dlx)
Sony
2003-07-01
AC/DC
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 74 Jailbreak (Dlx) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年11月19日 13:48
「AC/DCサウンドというのは、マルコムのサウンドに他ならないと言ってもいいくらい重要な役割を果たしてきたのだ」。全く同感であります。マルコムあってのあのサウンドでした。『Live At Donington』のDVDで追悼します。

この記事へのトラックバック