ロイ・ミルトン【レジェンド・オブ・スペシャリティ・シリーズ】

 ロイ・ミルトン・・・名前だけは知っていたけど、音を聞くのは今回が初めて。なんとドラムを叩きながら歌う、珍しいタイプのブルースメン。
 アルバムのタイトルにロイ・ミルトン&ヒズ・ソリッド・センダーズ・・・と書いてある通り、ソロシンガーというより歌うバンマス・・・といった立ち位置かな。
 メンバーはピアノのカミール・ハワード、ベースがダラス・バートリー、ギターがジョニー・ロジャース、アルトサックスがジョン・ケルソン、テナーがベンジャミン・ウォータース、トランペットがアーサー・ウォーカー。管楽器は多少の入れ替えがあるが基本的にはこういったメンツ。
 1940代後半~50年代初期の録音。
バンド編成によるところもあるけど、かなりモダンでおしゃれなサウンド。ブルースというよりも初期のR&B(あるいはジャイヴ)といった方が良いかな。
 俺は気に入ったな。ピアノブギが凄いいかす。







Legends of Specialty : Roy Milton
Specialty
1992-04-06
Roy Milton

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Legends of Specialty : Roy Milton の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック