食わず嫌い・・・レインボー【ベント・アウト・オブ・シェイプ】

 邦題は【ストリート・オブ・ドリームス】・・・なんでそうなるかな?って感じだけど。原題のままでいいんじゃないかな。
とにかくジョー・リン・ターナーがそれほど好きじゃなかったので、もう何十年もスルーしっぱなしの作品だったけど、今回ブック〇フで買って聴いてみたら、意外にこれ良いんじゃないの。
 レインボーとかリッチーとかのこだわりを外せば、ポップなハードロックとしては十分合格点があげられるよね。
今更何言ってるんだとコアなレインボー・ファンから言われそうだけど、そうやってスルーしている作品って意外にあるんじゃない??
俺の場合はこれだったんだ
まあ、リッチー大先生が本当にこういうサウンドを当時好んでいたのかはわからないけど・・・。







Bent Out of Shape
Umvd Special Markets
1999-05-25
Rainbow

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Bent Out of Shape の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2018年01月13日 21:25
リッチーがアメリカで売れようとして必死だった頃の作品ですね。
まぁ、売れ線狙いには違いないけど、案外嫌いじゃないという人が多いんじゃないですかね。
「Fire Dance」とかは好きですよ。
2018年01月14日 00:36
まあ、リッチーの頂点ではないけれど、意外な拾いものという感じでした。

この記事へのトラックバック