ジョン・ホール【パワー】

ジョン・ホール、79年リリースの通算3作目のソロアルバム。
 前作【ジョン・ホールの世界】はオーリアンズ脱退後の1作目でかなり気に入っている。で、その流れでこのアルバムも手に入れた。
 前作よりもややオーリアンズ時代のサウンドに近い感触がある。バッキングにはエリック・パーカー、ジョディ・リン・スコット、ブライアン・カミング、トニー・レヴィン、マイク・マイニエリ・・・ゲストにジェームス・テイラーとカーリー・サイモン。
 例の反原発プロジェクト「MUSE」からのつながりもあってテイラーとサイモンの参加に繋がったようだ。オープニングの『ホーム・アット・ラスト』そして『タイトル・ソング』はもちろんだが、俺個人としてはファンキーなリズムギターがいかす『ソー』とか『ラン・アウェイ・ウィズ・ミー』なんかがやっぱりグッと来るなぁ。

単なるAORでは終わっていないウエストコースト・サウンドだと思うよ。






パワー+1
CLINCK RECORDS
2014-12-30
ジョン・ホール

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パワー+1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック