カントリー・ガゼット【ドント・ギヴ・アップ・ユア・デイ・ジョブ】

 これはかなり何十年も前に手に入れていたものの、レビューするのは初めてかな?いわゆる今現在アメリカ本国でカントリーといわれているジャンルの音楽についてはなんの魅力も感じないが、こういうブルーグラスとかオールドスタイルのカントリーは大好きだ。
 カントリー・ガゼットはこのアルバムをリリースした73年の段階で、十分すぎるブルーグラス・インストルメンタルのスキルを持ちながら、さらにコーラスワークも非常に素晴らしい希有な存在。
 このアルバムでもCSN&Yの『ティーチ・ユア・チルドレン』やエルトン・ジョンの『ホンキー・キャット』を取り上げるなど単なるブルーグラス・リバイバル・バンドではなく、ロック世代らしい感覚も持ち合わせている。
 メンバーはケニー・ワーツ(ギター・ボーカル)、ロジャー・ブッシュ(ベース)、アラン・マンデイ(バンジョー)、そしてリーダー格のバイロン・バーライン(フィドル、マンドリン、ボーカル)。 
 このメンバーにメンバー以上の貢献をしているのはかの名ギタリスト、クラレンス・ホワイト。アコギ、ドブロで実に素晴らしい演奏を聴かせる。
 個人的にはバーラインのフィドル、アラン・マンデイのバンジョーがクラレンスのギターとともに聞き所だと思う。




ドント・ギヴ・アップ・ユア・デイ・ジョブ
EMIミュージック・ジャパン
2000-01-26
カントリー・ガゼット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドント・ギヴ・アップ・ユア・デイ・ジョブ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2018年02月01日 07:58
またも嬉しい作品のご紹介、ありがとうございます!クラレンス大好きな自分ですがこのグループに参加しているのは存じませんでした…動画を聴いてみたら確かにクラレンスらしくフレーズが濃厚になる瞬間を感じられるような早速ウォンツリスト入り決定!…あっさり入手できる類の盤なら良いんですけど♪
2018年02月01日 08:38
中古盤屋とかなら案外簡単に見つかるかも・・・。この手のブルーグラス作品は珍しいですが・・・。

この記事へのトラックバック