ジョージ・サラグッドの新作【パーティー・オブ・ワン】

 こりゃご機嫌だ
久しぶりにサラグッドの新作を手に入れた。初期の頃は割と熱心にフォローしていたんだけど、近年はライヴDVDは買ってたけど、スタジオアルバムは本当に久しぶり。
 豪快なピッキングが印象的なブルース・スタンダード『アイム・ア・ステディ・ローリン・マン』でスタート。
2曲目の『ソフト・スポット』はカントリー風味のアコギ弾き語り・・・うん、こういうのも彼らしくて良いな。
『タラハッシー・ウーマン』・・・初期の頃からずっと変わらないエグいスライドギターがいかす。
『ワン・ダン・ドゥードル』『ブギー・チレン』とスタンダードが続いてストーンズの『ノー・エクスペクテーション』・・・。
 これまた良い感じ。
 以後ディランの『ダウン・ザ・ハイウェイ』、エルモアの『ガット・トゥ・ムーヴ』、セカンド・アルバムでも取り上げていたエルモアの『スカイ・イズ・クライング』、ジョン・リーの『ザ・フッカーズ』や『ワン・バーボン、ワン・スコッチ、ワン・ビアー』など、おそらくサラグッドがこれまで何度となく聴いてきたであろうブルース・クラシックが満載のアルバム。
なるほど、いつものデストロイヤーズとの共演ではなく、基本的には弾き語りによるソロ・カバー集という感じ。
 しかし、これはこれで実に味わい深い!!






PARTY OF ONE [CD]
ROUNDER RECORDS
2017-08-04
GEORGE THOROGOOD

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by PARTY OF ONE [CD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック