Bad Company Live At Red Rocks

バドカンのライヴ、これで何作手に入れたかな?個人的には再結成後はミック・ラルフスの参加している【ウェンブリー・アリーナ】のヤツが一番好きかな? でもこれも悪くない。※CDとBlulayの二枚組。
ハワード・リースを中心としてサウンドもしっかり固まってきていて安定しているし、ポール・ロジャースのボーカルは高音はあくまで伸びやかで、例の独特なコブシ回しも健在。
 サイモン・カークのドラムスも相変わらずタイト!ベースはメンバー変わったかな? トッド・ローニングという人。
そして今回のメンツの目玉はブラック・クロウズのリッチ・ロビンソンがセカンドギター、スライドギターで参加していること。
 まあ選曲もほほ順当だし、やはり映像と併せて味わうのが良いかな。しかし『エレクトリックランド』だけはいただけない。ボール・ロジャース・・・なんでこの曲気に入っているのかよくわからない・・・他に良い曲いっぱいあるのにね。
 『グッド・ラヴィン・ゴーン・バッド』とかね・・・。
スリリングさでは2年前に出たオリジナル・ラインナップの【1977、1979LIVE】にとうていかなわないけど、ポール・ロジャースの円熟の境地は奇跡的!


 

Live at Red Rocks
Bmg Rights Managemen
2018-03-02
Bad Company

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Live at Red Rocks の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2018年04月08日 11:53
これは最近のライヴ盤ですね。まだ聴いていませんが,やはり聴きどころは,ポール・ロジャースの衰えないヴォーカルのようですね。歳を重ねてなおヴォーカルが進化している,この人は驚異的です。これは聴かずばなるまい。
2018年04月08日 12:53
単にハイトーンや拳回しだけでなく、少し抑制した表現に円熟味を感じます!!

この記事へのトラックバック