ディラード&クラーク【ザ・ファンタスティック・エクスペディション】

 ザ・バーズといえばその全歴史を通じてバンドを引っ張ったロジャー・マッギンにどうしても人気が集まるのは必至だけど、俺は初期のバーズで頼りなげな歌声を披露していたジーン・クラークが好きだなぁ。
 てことで、1968年リリースの【ディラード&クラーク・・・幻想の旅】を聴いている。
ジーン・クラークがバーズ脱退後にバンジョーの名手ダグ・ディラードと組んだ秀作。
 表面的にはカントリー色が強いように思うが、クラークのホロホロした歌声で歌われるとカントリーよりもむしろフォーク色が強く浮かび上がってきて面白い。
 ゲスト参加としてのちにイーグルスに参加するバーニー・レドンやクリス・ヒルマンもクレジットされている。
※レドンは12曲中ほほ半分のソングライティングにも関わっていて、後にイーグルスのアルバムでも再演される『トレイン・リーヴス・ヒア・ズィス・モーニング』も収録。
 しかし、クラークのこの歌声、日本のアーティストで似てる人がいたような・・・。もちろんその人がクラークから影響を受けたんだろうけど・・・誰だったっけな??



 
幻想の旅+3(紙ジャケット仕様)
ユニバーサル ミュージック
2018-03-21
ディラード&クラーク

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 幻想の旅+3(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック