結成50周年タワー・オブ・パワーの新作【ソウル・サイド・イン・タウン】

 さてこちらは正真正銘の新作。タワー・オブ・パワー・・・なんと結成50周年とのこと。凄いね。
もっともメンバーチェンジは限りなくあったけど・・・一度も解散しなかったというのはえらい。
 リーダーのエミーリオ・カスティーヨ、スティーヴン・ドク・クプカ、フランシス・ロッコ、デビッド・ガリバルディ・・・この四人は現在もこのバンドの屋台骨。
 それ以外のメンバーについては入れ替わりが激しいのですべてフォローするのは無理だけど、現メンバーは2003年~基本的にはある程度定着しているらしい。新メンバーはリードボーカルのマーカス・スコット、トランペットのサル・クラッキオーネ、ギターのジェリー・コルテスの三人。
 マーカスのボーカルは歴代のボーカリストと比べてもなんの遜色もない。サルのトランペット、ジェリーのギターも申し分ない。
 どれもこれも似たり寄ったりの現在のアメリカ、イギリスのポピュラー・シーンにおいて、タワー・オブ・パワーはことさら新しいことをやっていないが、十分に素晴らしい内容を提示している。
 今一つ現在の洋楽シーンに満足していない人には是非こういう作品があるということを知っておいてもらいたい。





ソウル・サイド・オブ・タウン (Soul Side of Town / Tower of Power) [CD] [輸入盤] [日本語帯・解説付]
ARTISTRY / King International
2018-06-16
タワー・オブ・パワー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソウル・サイド・オブ・タウン (Soul Side of Town / Tower of Power) [CD] [輸入盤] [日本語帯・解説付] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック