ウィルコ・ジョンソン/ブロウ・ユア・マインド

 2013年のロジャー・ダルトリーとのコラボ【ゴーイング・バック・ホーム】以来5年ぶり。オリジナル・アルバムとなると【ベア・ワイアード・ブルース】以来、なんと30年ぶりとのこと。
 そもそも、ダルトリーとのコラボはウィルコの余命がほとんどないと言われる中、遺作的な意味合いもあったと思うのだが、その後担当医の誤診がわかり、治療も上手くいき、文字通り地獄から生還!
以後ウィルコは以前にも増して精力的に活動し、今回この新譜の発表に繋がったと・・・。
中身?? 文句なしにご機嫌なパブロックですよ。ギターの切れ味も申し分ないし、ウマヘタホーカルも健在。
スティーヴ・ウェストンのブルースハーフと、ミック・タルボットのキーボードが加わっていることで音の幅も良い感じに広がっている。
 どれか1曲といえば、曲調がずばりフィールグッド節の『ザッツ・ザ・ウェイ・アイ・ラブ・ユー』。
このグルーヴィーだけど、どこかギクシャクとしたリズム・・・良いねぇ。
R&Bとブルースとロックン・ロール・・・他に何がいる??

https://youtu.be/Ky_GQ_Mugn4


ブロウ・ユア・マインド
ユニバーサル ミュージック
2018-06-15
ウィルコ・ジョンソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブロウ・ユア・マインド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2018年07月21日 11:22
ご無沙汰してます!コレ自分も買いました、当然。確かに中身に何の文句もありません…ミック・タルボットって何故かパブロック系の周辺に出没しますよね…好きだから全然構いませんけど♪
2018年07月21日 16:27
ミック・タルボット、スタカン以前はデキシー・ミッドナイト・ランナーズですからね。信頼の置けるキーボード奏者なんだろうと思います。

この記事へのトラックバック