MAZE/We Are One

83年リリース。フランキー・ピヴァリーのリードボーカルを中心としたメロウ・ファンク。このアルバムからは『ラブ・イズ・ザ・キー』が全米ヒットチャート五位を記録。
 なるほど比較的新しい世代によるファンク・バンドらしく、ゴリゴリのサウンドではなく、どちらかというと甘茶ソウルという感じかな?
バックのサウンドも確かにかっこいいけど、やはりビヴァリーのシルキーな歌声が一番の売りなんだと思う。




ウィ・アー・ワン
ユニバーサル ミュージック
2018-06-13
MAZE

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2018年08月05日 16:50
最近,80年代前半の頃のソウル,ファンクのレコードを少しずつ集めています。この間は,S.O.S.Band,Con Funk Shunを見つけました。確かに軽いのですが,聞かないのはもったいないですね。

この記事へのトラックバック