ロイ・ハーパー【フラット・バロック・アンド・バーサーク】

 69年リリースの4作目。デイヴイ・グレアム直伝の変則チューニングとジャズ・コードを組み合わせた独特なオリジナル曲が特徴のイギリスのシンガーソングライター。存在そのものはずっと気になっていた人だが、今回CDを入手するまでずっとスルーしてきたアーティスト。歌声はピンク・フロイドの『葉巻はいかが』で一応知っていたし、ジミー・ペイジが彼を絶賛していたことも知ってはいたが・・・。
 いざ聴いてみたら、なるほどイギリスのフォーク・シンガーとしてもかなり独特な感覚を持ったアーティストだなと。
今回結構気に入ったので、あと何枚か入手してみようかな?

iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/fhscUPTaE0M" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen>


Flat Baroque & Berserk
Imports
2018-02-23
Roy Harper

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック