マイケル・ブルームフィールド【イッツ・ナット・キリング・ミー】

フィルモアの奇跡をはじめとしてアル・クーパーがらみのセッションで名前の知られたブルームフィールド。もちろん、ブルースギターの名手なのだが、ここではブルース以外のカントリーやスワンプミュージックをかなり本格的に手がけている。とはいえやはりブルースを演奏しているときのブルームフィールドはそんじょそこらのギタリストとは格が違う。『ファー・トゥ・メニー・ナイツ』や『ドント・スィンクアバウト・イット・ベイビー』なんかは俺的には一番ぐっとくる。


マイケル・ブルームフィールドの冒険(期間生産限定盤)
SMJ
2018-09-12
マイク・ブルームフィールド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック