リンダ・ロンシュタット【ディファレント・ドラム】

リンダのキャピトル時代の編集盤かな?

ジャクソン・ブラウンの『ロック・ミー・オン・ザ・ウォーター』やゲフィン=キングの『ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥマロウ』、ローラ・ニーロの『ストーニー・エンド』などやはり選曲の妙とリンダの歌の巧さはこの当時からはっきりわかる。マイク・ネスミスのタイトル曲『ディファレント・ドラム』の軽快な響きも良い。