ザ・ポリティシャンズ・フィーチャリング・マッキンリー・ジャクソン

ここの所立て続けてインヴィクタス・ホットワックスのリイシューが続いている。
 で、今回手に入れたのは、レーベルの屋台骨ともなったシンガー兼アレンジャーのマッキンリー・ジャクソンとレコーディングで多くのアーティストのバッキングを担当したスタジオ・ミュージシャンたちの残した唯一のアルバムということで、インヴィクタス・ホットワックスのサウンドの鍵を握る人たちの腕前を確認出来る作品となっている。
 なるほど、ゴリゴリのR&Bという感じではなく、適度にジャズ色もある垢抜けたサウンド。
ただ。マッキンリーはあくまでアレンジに徹していて歌声を聞けないのが、やや物足りない。