モビー・グレイプ【20グラニット・クリーク】

 一旦解散したものの71年にオリジナル・メンバーが再び集結して作り上げた一枚。元々ウエストコーストの中の異色のバンドだったこともあり、ここでもやはり通常のウエストコースト陣とはちょっと違った味わいがある。全体的に霧に包まれたようなサウンド。カントリー、ブルース、ロックン・ロール、R&Bの要素が複雑に絡み合った指向性という点では、むしろ実にウエストコーストらしいバンドと言えるかも・・・。