エディー&ザ・ホット・ロッズ【ジ・エンド・オブ・ザ・ビギニング】

 エディー&ザ・ホット・ロッズのアイルランド時代のベスト・アルバム。1993年リリース。シングルやライヴバージョンをメインにしたお特用!どの曲も疾走感ガ半端なくいかしてる。    The End of the BeginningPolygram Int'l 1999-01-12 Eddie & Hot Rod…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ZZ TOP【リサイクラー】

 どうも80年代のZZ TOPのデジタル・ブギーは今一つ好きではなかった。それ以前のロンドン・レーベルの作品の方がずっと好きだし、ワーナーに移ってからのアルバムでも【イリミネーター】と【アフター・バナー】以外のアルバムの方が断然好きだった。  でこの90年リリースの作品。正直初期のZZ TOPらしさが戻ってきた感じで好きだな。曲によっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モビー・グレイプ【20グラニット・クリーク】

 一旦解散したものの71年にオリジナル・メンバーが再び集結して作り上げた一枚。元々ウエストコーストの中の異色のバンドだったこともあり、ここでもやはり通常のウエストコースト陣とはちょっと違った味わいがある。全体的に霧に包まれたようなサウンド。カントリー、ブルース、ロックン・ロール、R&Bの要素が複雑に絡み合った指向性という点では、むしろ実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UPP【This Way】

75年にジェフ・ベックの後押しでデビューしたギターレス・トリオのセカンド・アルバム。ここでは新たにギターのデビッド・バンズを加えて4人編成に。  プロデュースはベックではなくて、ホール&オーツのバッキングで有名なクリストファー・ボンド。 ベックはちょうど【ワイアード】制作と重なっていたためか、2曲のみゲスト参加。 アラン・クラー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

望んでいなかった一枚だけど【MATSINNER/BACK TO THE BULLET】

これは本当に偶然俺のところに届いたアルバム。実は全く別のアーティストのアルバムを注文したのだが、ジャケットはそのままだけど、中身が全く違っていたのだ。まあ検品の時に紛れ込んでしまわれたものと思われる。  てことで、ネットでそのことを業者に伝えると、代金は返してよこしたが、中身については返品の煩わしさを考慮してくれたらしく、こちらで処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トレース【バーズ】

 オランダを代表するプログレバンドの傑作セカンドアルバム。75年リリース。 リック・ヴァン・ダー・リンデン、ジャップ・ヴァン・エリック、イアン・モズレーの三人組。ダリル・ウェイがエレクトリック・バイオリンでゲスト参加。  クラシカルで格調高い演奏力と叙情性を持った一級品。ハードロック的なスピード感もある。 <div cl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラッドロック【BLOODROCK2】

続いてもブラッドロック。こちらはセカンドアルバム。前作ではドラマーも兼ねていたジム・ラトリッジがリードボーカルに選任。新ドラマー、リック・コブを迎えて6人組に。  このリックはかなり手数の多いドラミングで、前作よりもより躍動感のある曲が多いのに対応していて、まずはメンバー補充は成功している感じ。 <div class="…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラッドロック【BLOODROCK】

 70年GFRのプロデューサー、テリー・ナイトに見いだされてデビュー。 ドラマーも兼任するジム・ラトリッジのリードボーカル、2本のギター、キーボード、ベースの五人組。ブリティッシュロックの影響はあるものの、曲調は陽気ではつらつとしたアメリカンハードロックそのもの。  メジャーになりきれないB級ならではの魅力。 Bl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グランドファーザー【ディア・ミスター・タイム】

 予備知識ゼロの全くの無名グループ。最早なぜ買う気になったのかも不明。 ソフトなサイケ感覚がいかしてるかな。70年リリース。キーボード、サックス、フルートなどをフィーチャーしたサウンドはサイケとプログレの橋渡し的な味わい。  この手のバンドは数限りなくあるはずで、その中でたまたまこうして耳に出来たというのは案外幸運だったかも・・・。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FELT(フェルト)

 アラバマ州のサイケ・ハードロックバンド。71年リリースのファースト。マイク・ジャクソン(ギター、ボーカル)、スタン・リー(ギター)、アラン・ダリンプル(キーボード)、トミー・ギルストラップ(ベース)、マイク・ニール(ドラムス)。  いずれもデビュー当初はティーンエイジャーだったというが、確かな演奏技能と独特なフィーリングを持っていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レア・バード【サムバデイズ・ワッチング】

 73年リリース。この当時のラインナップはスティーヴ・グールド(ボーカル、ギター)、デイヴ・カフィネッティ(ピアノ、クラヴィネット、オルガン)、アンディ・カーティス(ギター)、ニック・ポーター(ベース)、フレッド・ケリー(ドラムス)。  ジャンルでいうとジャズロックということになると思うが、ファンキーなところやフォーキーな部分もあって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤン・アッカーマン【くつろぎの時】

 ヤン・アッカーマンのソロはもう一枚持っているが、こちらはややフュージョン寄りのサウンドだな。別な言い方をすればストリングスを生かした歌なしのシンフォロックという感じ。それも悪くない。  ただフォーカス時代のようなスリリングさに欠けるのは仕方がないところか・・・。 <div class="webryblog_amazo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティーヴィー・サラス【シェイプ・シフター】

2001年リリース。世が世であればとっくにスーパースターの仲間入りをしていてもおかしくない存在。  ジミ・ヘンドリックスの奏法だけでなく、作曲能力、精神性までを正しく引き継いだアーティストだと思う。彼の音楽性にはネイティヴ・アメリカンや黒人の血がミクスチャーされていることも大いに影響を与えていると思われる。元々、分類しずらい音楽なのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェスロ・タル【リヴィング・イン・ザ・パースト】

今夜はなんとなくタルのこれを聴きたくなった。EP、シングルのみの発表曲や代表曲を織り交ぜたベスト・アルバム。  中身はタルの音楽が初期の頃からどんな風に変化していったかが、手に取るようにわかる、かゆいところに手が届く構成。  イアン・アンダーソンの癖のある歌い方とフルート。ギターやキーボードは出入りが激しいけれど、基本的にはアンダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年一発目のディランはこれ!【ディラン&デッド・ライヴ】

 89年リリース。87年に行われた「アローン&トゥギャザー・ツアー」を記録したライヴ・アルバム。 ディランとデッドという、それまでありそうでなかった組み合わせは予想に反して実にリラックスした良い感じなのだ。  選曲的には『アイ・ワント・ユー』『見張塔からずっと』『天国への扉』など長年のファンにとってはなじみ深い曲と『スロー・トレイン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナイン・ビロウ・ゼロ【ライヴ・アット・ザ・マーキー/ドント・ポイント・ユア・フィンガー】

ナイン・ビロウ・ゼロ【ライヴ・アット・マーキー/ドント・ポイント・ユア・フィンガー】かなり以前からずっと欲しかったイギリスのパブロック・バンドのライヴとスタジオ作の2枚組。 これがかなりグルーヴィーでご機嫌。カバー曲も多いが、塩辛いボーカルとブルース・ハープを生かしたR&B色の強いサウンドは、この手のサウンドに目がない俺にとっては正に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブラウンズヴィル・ステーション【エア・スペシャル】

80年リリースの南部を拠点とするハードロックバンド。プロデュースはこの手のバンドを得意とするトム・ワーマン。  ギター2本、ベース、ドラムスの四人組。コンパクトでシンプルなハードロックサウンド。ボーカルも男臭い野太いものだが、曲全体は結構ポップだったりする。     Air SpecialWounded Bird Recor…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more