【ファイヴ・ライヴ・ヤードバーズ】ヤードバーズ

 おそらくどの名盤ガイドを見ても必ずと言っていいほどセレクトされているよね、これ・・・。
俺これが特別名盤だとは思わないけど、感触としてはドクター・フィールグッドの【殺人病棟】くらいの衝撃があったと思う。
 ここで選曲されているものの多くはブルースだけど、サウンドはもろにロケンロール。誤解を恐れずにいうと十分にパンクだよね。
 だからパブロック勢の多くにはヤードバーズをはじめとするブリティッシュ・ビートの影響が顕著であるということについてはなんの疑問もない。
 ハードロックやグラムやプログレではなく、60'sのサウンドに直結するバンドが多かったのは、彼らの中に圧倒的にストリートの感覚が強かった所為だろう。
 『トゥー・マッチ・モンキー・ビジネス』『スモーク・スタック・ライトニング』『グッドモーニング・スクール・ガール』『アイム・ア・マン』『トーキング・バウト・ユー』・・・。
 そう彼らが演奏したのはブルースそのものではなくブルースもどきのロケンロール。だからこそ、ストーンズやヤードバーズは支持されたし、後続のバンドはそうした方法論を踏襲した。
 なんといったって彼らは絶対に黒人にはなれないのだから・・・。
リスペクトを持ちながらも、彼らはブラック・ミュージックを白人なりの表現方法で実践することにしたのだ。
 『フォー・ユア・ラヴ』以降独自の路線を進むことにしたバンドと、もう少しブルースを極めてみたかったクラプトンは当然袂を分かつ・・・。その後もう少し柔軟性のあったジェフ・ベックやジミー・ペイジはヤードバーズの中で様々な実験を推し進める。








Five Live Yardbirds
Varese Sarabande
2003-01-28
Yardbirds

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Five Live Yardbirds の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



For Your Love
Repertoire
2007-11-19
The Yardbirds

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by For Your Love の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Roger the Engineer
Diablo Records UK
1999-02-16
Yardbirds

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Roger the Engineer の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ハヴィング・ア・レイヴ・アップ+16
ビクターエンタテインメント
2002-03-21
ザ・ヤードバーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハヴィング・ア・レイヴ・アップ+16 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




"【ファイヴ・ライヴ・ヤードバーズ】ヤードバーズ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント