RIFF RAFF【オリジナル・マン】

 RIFF RAFFのセカンド・アルバム。ファーストで見られたフォーク色は後退して、よりジャズ的なアプローチが強化。
トミー・アイアーの本来目指していたサウンドは、ファーストよりもむしろこちらの方だったのかも・・・。
 それに伴って管楽器がもう1本増えている。まあ、ジャズロックというよりもフュージョンに近づいたと言った方がよいか。
 まあ、だからといってロックのカタルシスが半減した訳ではないので、これはこれでありかな?ほんのりとフォーク色のあったファーストが好きな人と、こちらのハード・フューション的な色合いが濃い方が好きだと言う人で評価が分かれるかもしれない。

 



画像

"RIFF RAFF【オリジナル・マン】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント