テーマ:アルバート・キング

【ドア・トゥ・ドア】アルバート・キング&オーティス・ラッシュ

人気のあるブルースメン二人のおいしい所をごっちゃにカップリングした一枚。決して二人の大物の共演盤ではない。  しかし、まあ一枚で二度美味しいということは言えるかな? こうやって聴くと、ギターのスタイルは違うものの、二人ともそこそこ魅力的なスモーキーボイスなので違和感なく聴ける。  これからブルースを本格的に聴くという人はマディとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルバート・キング【ザ・ビッグ・ブルース】

 さてポール・ウェラーのあとはアルバート・キング。これかなり前から欲しかった一枚。アルバートのアルバムはだいたい3~4枚持ってるんだけど、このなんとも言えないイラスト・ジャケがずっと気になっていた。 中身はサックスなども入ったビッグ・バンドをバックにアルバートのボーカルと独特なギター。 いいね。これまた愛聴盤になるな。 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタックス・ソウルとの見事な融合【キング・オブ・ブルース・ギター/アルバート・キング】

 前回1月28日に紹介したので、今回が2回目のアルバート・キング。特注フライングVを構えるカッコイイジャケット!! アトランティック・レーベルの66~68年のシングル曲を中心とした17曲入りのベスト。アルバート・キング入門としては十分過ぎる内容。  実は前回の【悪い星の下に】の全曲が納められている。つまり60年代後半のアルバートはこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルース名盤!!【悪い星の下に/アルバート・キング】

 ラリー・デイビスの記事でも少し触れたが、アルバート・キング、サウスポーのギターから繰り出すフレーズは多くのロック・ギタリストに影響を与えた。右利き用のギターをそのままひっくり返して覚えてしまったので、独特のベンド・ダウン(チョーク・ダウン)が生まれた。その影響はスティービー・レイボーン、クラプトン、ポール・コゾフそして数多くのアルバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more