テーマ:ヴァン・ヘイレン

【戒厳令】ヴァン・ヘイレン

 Jアラート・・・確かに必要ではあるのだろう。しかし中身が全く日本の実情に合ってない。特に地方の1市町村には頑丈な建物も地下もない・・・そんなところでミサイル飛んできたって、逃げる場所はない。  で、無理矢理だけどこれを聴いている。 ヴァン・ヘイレン(ダイヤモンド・デイヴ在籍時)のアルバムで唯一スルーしていたアルバム。  いきなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ライヴ・トーキョー・ドーム・イン・コンサート】ヴァン・ヘイレン

 これこそヴァン・ヘイレン!! ベースのアンソニーは去っていってしまったものの、ダイヤモンド・デイヴ、エディ、アレックス、それにウルフガング(エディの息子)の4人によるヴァン・ヘイレンの2013年の来日公演の模様が二枚組のライヴ・アルバムとしてリリースされた。  思い起こせば2012年にデイヴを配するヴァン・ヘイレンとしては28年ぶり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[80's洋楽グラフィティ1986年]ディヴィッド・リー・ロス【イート・エム・アンド・スマイル】

6月の来日公演が好評だったヴァン・ヘイレン。15年ぷりの来日、デイヴにとっては34年ぶりだったという。   ミニ・アルバム【クレイジー・フロム・ザ・ヒート】の思わぬ大ヒットに気をよくしたダイヤモンド・デイヴはヴァン・ヘイレンを脱退。ソロとして活動を始める。元々ヴァン・ヘイレン兄弟との確執にほとほと疲れ果てて、さらに自分の力を過信し…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アメリカン・ハードロック3連発【伝説の爆撃機】ヴァン・ヘイレン

 ヴァン・ヘイレン79年リリースの一作。79年といえば時代はパンクからニューウェイヴへの移行の時期。 そんな時期になんのてらいもないハードロックでチャレンジするバンドが支持されたというのは快挙。※俺個人はどっちも好きだったけど・・・。 ヴァン・ヘイレンは当時ハートロックの救世主的な扱いを受けた数少ないバンド。このセカンドアルバムでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本物!!【ヴァン・ヘイレン/ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース】

遂に届いた【1984】以来28年ぶりにデイヴ・リー・ロス復活のアルバム。毎回言ってるけど、俺にとってはデイヴ時代こそヴァン・ヘイレン。 だからこの新譜が出るという噂を聞いた時から、期待と不安が・・・。残念ながらマイケル・アンソニーはすでにいないが、その穴はエディの息子ウルフガングが埋めている。 しかしなんと言ってもデイヴのボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンド☆デイヴ復帰記念?!【ヴァン・ヘイレン/暗黒の掟】

 以前から言ってることだけど、ヴァン・ヘイレンはダイヤモンド☆デイヴがいてこそのバンドだった。彼の底抜けの明るさがあってこそ、ロケンロールの楽しさが伝わってきたし、デイヴ・リー・ロスのソロ活動も最初のうちはよかったけど、やはり成功したとは言いがたい。 サミー・ヘイガーもモントローズ時代は好きだったけど、ソロとかヴァン・ヘイレン在籍…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ダイヤモンド・ディヴ在籍時こそ最高!!〔ヴァン・ヘイレン/プリティ・ウーマン〕

 レインボーならロニー・ジェイムズ・ディオ時代、ヴァン・ヘイレンならデイヴ・リー・ロスがいた時代が最高!!毎回そんなこといってるけど、あまり支持されていないような・・・(汗!!) とにかく、ヴァン・ヘイレンは屈託のない明るいキャラクターとアメリカン・バンドらしいナタでバサッと切るような爽快なハード・ロックが持ち味だった。(変にシリア…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ヘヴィ・メタさん、いらっしゃい!!③【ヴァン・ヘイレン/炎の導火線】

 さて、今日3弾目は〔ヴァン・ヘイレン〕の78年のリリースされたファースト・アルバム。 『ランニン・ウィズ・ザ・デビル』確かにダイナミックでハードだが、間違ってもヘヴィ・メタルではない。。時はMTV全盛時代の一歩手前。デイヴ・リー・ロスのハイトーン・ボーカルとエディ・ヴァン・ヘイレンの驚異的なギター・テクばかりが話題になったが、実はこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ダイヤモンド・デイヴのうたかたの夢【クレイジー・フロム・ザ・ヒート】

 85年にダイヤモンド・デイヴことデイヴ・リー・ロスは初の3曲入りミニ・アルバムを発表。ピカソブラザーズの秀逸な(悪趣味な)PVの効果もあり、大ヒット。『カリフォルニア・ガールズ』は以前も紹介したが、ビーチ・ボーイズのヒットナンバーのカバー。しかし俺がより惹かれたのは『ジャスト・ジゴロ~アイ・エイント・ガット・ノーバディ』こういうジャズ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

80年代洋楽再考『ガリッベン、ガリッベン、ホット・フォー・ティチャ~♪』1984

モントローズの次にテッドが手がけたのがヴァン・ヘイレン!! 空耳ネタもあるよっ!!    俺にとってのヴァン・ヘイレンはデイビッド・リー・ロスのいた時代で終わり。なぜかというと、サミーが入ってからのヴァン・ヘイレンは何か凄いシリアスな雰囲気のバンドになってしまったから・・・。曲もつまんなくなったし。彼らは陽気でふざけててナンボってバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more