テーマ:ジェントル・ジャイアント

ジェントル・ジャイアント【ジェントル・ジャイアント】

 なんとジェントル・ジャイアントはこれまでも何度も取り上げてきたけど、このファーストはまだだったんだな。 鬼のような変拍子、端正なようでいて実はかなりワイルドなインプロヴィゼーション。お世辞にも美しいとは思えないボーカルとコーラス。※キーボードのケリー・ミネアのボーカルはジェントルで美しいけど・・・。  粗野で凶暴なイメージの巨人と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジェントル・ジャイアント【スリー・フレンズ】

72年リリース。三人の幼なじみが道路工夫、サラリーマン、画家とそれぞれの人生を歩んでいくというテーマに乗っ取ったトータル・コンセプト。  まあ、詳しいことはわからなくても音楽だけでも十分に楽しめる。 スキルが異常に高く、複雑怪奇なメロディと変拍子・・・クリムゾンからの影響は顕著だが、不思議に堅苦しくなくてキャッチーなイメージ。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しょせん同じことさ!!【フリー・ハンド】ジェントル・ジャイアント

 非常にへこんでいる・・・なんのことかというと、午前中から午後1時頃までかけて、全く同じ記事がほぼ完成直前に二度にわたって消えた・・・。  なん何だよ。「BIGLOBEは応答しておりません」の一文が出てきて、すべてパァ~。怒りを通り越して、やる気が失せた・・・。ほんとうは「ジャッキー・ロマックス」の記事をアップするはずだったのだが・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋のプログレ祭り⑫【アクワイリング・ザ・テイスト】ジェントル・ジャイアント

 フィル、デレク、レイのシャルマン3兄弟を中心としたプログレ・バンド。ヴァーティゴからの2作目。71年リリース。 なにやらいやらしい感じのジャケット・アートなのだが、ゲイトフォールドを開くとナイフの刺さった桃が登場。ただ性的な暗喩であることは確か・・・中身は別にやらしくないよ。 複雑で実験的な曲展開とスキルの高い演奏と叙情性のあるメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコジャケ天国⑯ロジャー・ディーン特集(6)北斎もびっくり!!バビューン【ジェントル・ジャイアント】

いきなりタコ!! インパクトありすぎ。ジェントル・ジヤイアントの4作目。変拍子、複雑な楽曲構成、緻密なハーモニーから一見難しい音楽に思われがちだが、イエスに通じるようなポップさがあり聴きやすいプログレの金字塔。  正に彼らのベストアルバムと呼んでもいいだろう。 ロジャー・ディーンは絶対日本の浮世絵を研究しているはず・・・。彼の作風に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more