テーマ:クリス・スペディング

21年のブランクは何をもたらしたか?【ライク・ア・ブラック・バン】シャークス

 73年にファースト・アルバム、74年にセカンド・アルバム。その後自然消滅したものの、かつてのメンバー、スニップスとクリス・スペディングが最接近したことで、リユニオン・アルバムを作ることになる。  そして発表されたのが95年。残念ながらオリジナル・メンバーだったアンディ・フレイザーとはコンタクトはありながら、参加には漕ぎつけられなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この人にも大きな愛を【エネミー・ウィズン】クリス・スペディング

 俺何気にこの人押してるんだけど・・・。あとテリー・リードとか・・・。 なかなか、ごく一部の熱狂的なファン以外では話題にのぼることのないアーティストだけど、かっこいいよ。  ヴァーサタイルなギター・スタイルとロカビリーファッション。いいと思うけどな。 デイヴ・エドモンズとか好きな人なら一発ですきになると思う。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ジャスト・プラグ・ヒム・イン/クリス・スペディング・ライヴ・アンソロジー】

 実に多彩なギター・テクニックを持つクリス・スペディング。その作品は時代によって様々な表情を見せるが、俺が好きなのはパブロック、ロカビリー・スタイルになってから・・・。  このライヴ・アンソロジーは、79年~89年の彼のライヴのハイライトといっても良い内容。 勿論メンバーはそのときによって違うし、音質もバラバラだけど、一環しているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スニップスが在籍した〔シャークス〕のセカンド・アルバム【ジャブ・イト・イン・ユア・アイズ】

 さて前記事で取り上げたベイカー・ガーヴィッツ・アーミーに加入する前に、ボーカリストのスニップスが在籍したのが〔シャークス〕というバンド。元々はフリーのアンディ・フレーザーと天才ギタリスト、クリス・スペディングが手を組んだということで、ある意味スーパー・グループとして期待された。  しかし、デビュー作【ファースト・ウォーター】をリリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華麗なる変身〔クリス・スペディング②〕【HURT】

クリス・スペディングの78年の【HURT】。時期からみて、パンク・パプロックムーブメントに呼応したとらえ方をされていた頃だと思う。  50'sリバイバルのような音楽が逆に新しいととらえられていて、そうしたベテランアーティストにとっては活動しやすかったのではと思われる。(デイヴ・エドモンズ、ニック・ロウ、グラハム・パーカー)  もちろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華麗なる転身〔クリス・スペディング①〕

 ある日突然、いけてない芸人風の男が、超かっこよく変身ということがあるだろうか? クリス・スペディング、元々はバタード・オーナメンツなどでジャズ・ロック的な音楽をやっていた。もちろんテクニック的にも申し分ない、職人肌のギタリスト。丸眼鏡に無精ひげ、ファッションも垢抜けなかった。  しかし、その後何がきっかけであったのか、シヨッキング…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンディ・フレーザー+クリス・スペディング【シャークス/ファースト・ウォーター】

ジャケットカッコイイ!!こういうの中身わかんなくても買っちゃうよ!!    さて、【フリー・アット・ラスト】で再び空中分解したフリー。アンディが次に手を組んだのは、それまでジャズ・ロックフィールドで活動していたが、シンプルなロックに目覚めた?クリス・スペディング。リーゼントに皮ジャンや50'sファッションに身を包みすっかりロッカー然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more