テーマ:ヤードバーズ

ヤードバーズ【リトル・ゲームズ】

 長年スルーしてきたアルバムだったが、今回中古盤を手に入れたのでじっくり聴いてみようかなと・・・。 まあ、基本ジミー・ペイジがZEPを立ち上げる前に、ここである程度の方向性はつかんでいたんだろうなと・・・。  『スマイル・オン・ミー』『ドリンキング・マディ・ウォーター』のブルースのハードロック化。『ホワイトサマー』のトラッド趣味。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤードバーズでもう一枚!!【ヒット・イヤーズ】

 さて、 ヤードバーズでもう一枚。こちらはエリック・クラプトン在籍時とジェフ・ベック在籍時のナンバーをコンパイルしたオムニバス。  中身はクラプトンが7曲、残り10曲がベック時代。 ヒットシングル『フォー・ユア・ラヴ』はクラプトン脱退のきっかけになった曲。別にグラハム・グールドマンの曲そのものには問題はないが、ヤードバーズが取り上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ファイヴ・ライヴ・ヤードバーズ】ヤードバーズ

 おそらくどの名盤ガイドを見ても必ずと言っていいほどセレクトされているよね、これ・・・。 俺これが特別名盤だとは思わないけど、感触としてはドクター・フィールグッドの【殺人病棟】くらいの衝撃があったと思う。  ここで選曲されているものの多くはブルースだけど、サウンドはもろにロケンロール。誤解を恐れずにいうと十分にパンクだよね。  だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわゆる名盤【ヤード・バーズ/ロジャー・ジ・エンジニア】ジェフ・ベックかっこええ!!

ヤードバーズ66年リリースの傑作アルバム。ジェフ・ベック在籍時唯一のスタジオアルバムだ。 アルバムタイトルが【ザ・ナッズ・アー・ブルー】とか【サイコ・ディシーズ】【オーバー、アンダー、サイドウェイ、ダウン】などさまざまあって紛らわしいが、【ロジャー・ジ・エンジニア】というのが正式らしい。 さてこのアルバム、やはりジェフ・ベック…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more