テーマ:オージェイズ

インペリアル時代のオージェイズ【ア・ロンリー・ドリフター】

 オージェイズというとどうしてもフィリー時代のイメージが強いが、その前に在籍していたインペリアル時代もなかなかの物だと今回初めてわかった。  この頃はどちらかというとドゥーワップ色が強く、後の洗練された魅力よりも、ややワイルドでストリート感覚が強いイメージ。それを野暮ったいととるか、本来の魅力だと捉えるかが評価の分かれるところかな? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オージェイズ、71年の裏名盤【スーパー・バッド】

 一度フィリーを離れてインディー・レーベルに所属していた頃のアルバム。しかし、楽曲の仕上がりは悪くない。 それまでの甘美なコーラスに70年代らしいファンク色を加えたことで、より骨太なサウンドに変化した。  ※それはアルバム・タイトルにも現れていると思う。 『ナウ・ヒーズ・ホーム』『リトル・ブラザー』『クロスローズ・オブ・ライフ』い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The O'JAYS 【ギヴ・ザ・ピープル・ホワット・ゼイ・ウォント】

 まずは『ギブ・ザ・ピープル・ホワット・ゼイ・ウォント』でキマリ!! このグルーヴ。そしてコーラス・・・いかすなあ。 『シップ・アホイ』・・・SEの効果も抜群・・・かつて自分たちの祖先がたどった道を歌で表現するという大作・・・。 『ズィス・エア・アイ・ブリース』・・・これは軽快なラテン・タッチのアップナンバー。 『ドント・コール・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏切り者のテーマ【バック・スタバーズ】The O'JAYS

「ホワッゼイドゥーイン!! ~スマイリン・イン・ユア・フェ~イス♪」フィリーソウルの最高峰。オージェイズの『バック・スタバーズ』(裏切り者のテーマ)。実にいかしたミディアムナンバー。エディ・リヴァートの熱いフィーリングが直に伝わるボーカル、アレンジはトム・ベル、プロデュースがギャンブルアンドハフとくれば悪い訳がない。1972年の大ヒッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more