テーマ:レコード

サンビル・レコード・フェア、今回の収穫!

行ってきました。サンビル・レコード・フェア❗️まあ予想よりは収穫少なかったけど、まあそこそこの感じ。ニール・ヤングとウィングスは定番でCDでは持っているものの、アナログでも欲しくて今回安くゲット。フュージョン系は三枚。リー・リトナー二枚は確かに持っていたはずなのに見つからないので、再度購入。レイ・ゴメス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の収穫「第37回サンビル・レコード・フェア」

行ってきました。盛岡サンビル・レコード・フェア! 朝8:55のヨーデル号で弘前を出発!11:00ちょいすぎに盛岡に着いて、昼食を軽く済ませ、サンビルヘ。 12:00頃から13:30位まで腰の痛いのをかまんしてチェックし続けてLPが11枚、CDは一枚ゲット。 すでに音源を持っているものが 〇ファンカデリック【アメリカ・イーツ・イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってきました!ななっくレコ市!

弘前から約2時間ちょっと・・・。地元でレコードフェアなんかないので、バス代かけてもこういうのには出来るだけ出かけることにしている。  自家用車で東北自動車道を行くという手もあるが、なるべくレコ探し以外の事に神経使いたくないのでバスを利用している。往復で5400円・・・安いでしょ??バスなら行き帰り寝ていけるし♥ まし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

札幌での収穫「中古レコード編」

 7日の日から、まあある理由があって三泊四日の北海道旅行に行ってきた。 初日7日は札幌に一泊。南二条のピボというビルの隣にあるBEAT RECORDSという中古盤屋に。 今回の収穫・・・ デニー・レイン「AHHLAINE」、 リチャード・トンプソン「ダーリン・アドベンチャー」、フックフット「コミュニケーション」、サニー・ボーイ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッコイ・タイナー【リアル・マッコイ】

続いてもディアゴスチーニのLPコレクションからマッコイ・タイナーの【リアル・マッコイ】。 メンバーはマッコイ・タイナー、ジョー・ヘンダーソン、ロン・カーター、エルヴィン・ジョーンズ。鉄壁の布陣。 タイナーのピアノ、ジョー・ヘンダーソンのテナーいかす。ボトムはロン・カーターとエルヴィンだから安心して任せられるってな感じ。ディアゴス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ【スタデイ・イン・ブラウン】

しばらくその存在さえ忘れていたディアゴスチーニのJAZZ LP RECORD COLLECTION。もう最新は第19号かな? で、久々に本屋のそのコーナーに行ってみたら、数は少なくなっていたけど、まあそこそこのものが残っていたので二枚ゲット。 その内の一枚がコレ! クリフォード・ブラウン&マックス・ローチの【スタデイ・イン・ブラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【過去への旅路】ニール・ヤング

 ニール・ヤングのオムニバス・アルバムとしてあまりにも有名な作品。まあ、オムニバスということもあってつい最近まで縁がなかった。というかなんとなくスルーしていた。ただ、今回の仙台でのレコード・カーニバルでこのアナログを見つけた時に、そろそろ入手してもいいかな?って思ったんだよね。 中身はディスク1のサイド1はバッファロー・スプリング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台猟盤レポート(アナログ編①)

 昨日から今日にかけて仙台で行われている「全日本レコード・CDカーニバル」に参戦! まあ仙台には息子と同居している彼女さんに会うことが今回の第一目的であったのだが・・・。 ホテルに荷物を預かって昼飯もそこそこに仙台駅東口にあるイベントホール松栄に勇んでいった。  前から欲しかったロジャー・ダルトリーのファースト・ソロやジミ・ヘンの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

80's再考スウィートピー・アトキンソン【ドント・ウォーク・アウェイ】

今回のサンビル・レコード・フェアで買ったアナログ・ディスクの最後の一枚・・・スウィートピー・アトキンソンの【ドント・ウォーク・アウェイ】82年リリース。 ワズ(ノット・ワズ)の作品で素晴らしい歌声を聴かせていたボーカリスト。どういう経歴なのかわからないが、かなり実力のある黒人シンガー。 で、アルバムはもちろんワズ組が全面的にバッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アティテューズ【アティテューズ】

昨日サンビル・レコード・フェアで入手したアティテューズ。長年いくら探しても見つからなかったのが、ついに現物とご対面。もちろん迷わずゲット!「グッドニュース」に比べると、バンド感覚は少ないものの、さすがにジョージ・ハリスンが惚れ込んだだけあるね。ジム・ケルトナー、ダニー・クーチ、デビッド・フォスター、ポール・ストールワース。ゲストにジェシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第36回サンビル・レコード・フェア

昨日の収穫。盛岡サンビル・レコード・フェア まあ、いい出会いがあればいいかな・・・くらいでそれほど期待していたわけではない。しかし、今回も音楽の神様は俺に微笑んでくれた。まずは今回の目玉。 ○アティテューズ・・・セルフタイトル・・・以前にアルバム「グッドニュース」を手にいれたのもこのサンビル・レコード・フェアだったな! ガイド本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京猟盤日記その2(下北沢+吉祥寺)

 さて二日目(23日)は、下北沢へ・・・。フラッシュディスクランチとディスクユニオン下北沢店。ここでは少ないながらもなかなか貴重な品が手に入る。  吉祥寺に戻って、ディスクユニオン吉祥寺店とレア・レコードを覗いたら、長年探してもどうしても見つからなかったジェファーソン・エアプレインの【シュール・リアリスティック・ピロウ】をようやくゲッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京猟盤日記1吉祥寺スーパーレコードフェア

4時過ぎに会場吉祥寺パルコへ。まぁ、予想に反してそれほどの収穫はなし。未聴の物はロスというバンドとジェス・ローデンのサード。サボイ・ブラウンのロックンロール・サバイバーってアルバム三枚。CDで持っているのが、ウィッシュボーン・アッシュとアラン・パーソンズ。壁に飾る用に買ったのがフリーのベスト。明日は下北沢でハントを続けよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日から東京猟盤ツアー・・・なんつって。

 もう一週間くらい前から始まっているのだが、「吉祥寺スーパーレコードフェア」というイベントをメインにして、東京へ出かけることに。  吉祥寺のパルコで、なんと15万枚の放出だという・・・27日には若干入れ替えがあるが、かなりの数の出店なので期待できるかなと・・・。  ホテルも吉祥寺に連泊で取れたので、万全の体制。もちろん、このフェスが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盛岡で中古レコード・CDフェアに・・・。

 今朝八時台のヨーデル号で盛岡へ・・・。目的はこの時期と秋の二回行われる中古レコード・CDフェア。 11時過ぎに例のサンビル、七階に行ってみると、かなりの人でごった返していた。  まあそれほど期待したわけではないが、CDでは持っているけどアナログのレコードで欲しかったものが数点手に入った。 ○ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングル・アドベンチャー[洋楽編⑩]ビートルズ「ゲット・バック/ドント・レット・ミー・ダウン」

 『ゲット・バック』はアルバム【レット・イット・ビー】に納められたものとはテイクが違い、一旦終わりそうになるが再び語りと演奏がはじまるというヴァージョン。  『ドント・レット・ミー・ダウン』は本来であればアルバム【レット・イット・ビー】に収められていても何の不思議もなかった名曲だけど、結果的には先行シングルのみでリリース。  という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングル・アドベンチャー[洋楽編⑨]ビートルズ「ヘイ・ジュード/レボリューション」

 さてシングル・アドベンチャー、ストーンズに続いてビートルズ。 これA面、B面ともにシングルのみのリリース。オリジナル・アルバムには、入っていないテイク。  『ヘイ・ジュード』はコンピレーションアルバムに入っていて、『レボリューション』はアルバムテイクとは、テンポその他が確実に違う。  なのでシングルを手に入れるのに、この組み合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングル・アドベンチャー[洋楽編⑧]ローリング・ストーンズ「スーパー・コンパクト第二集」

 さて昨日に引き続き、やや反則技でコンパクト盤をもう一枚。 ストーンズの『ジャンピング・ジャック・フラッシュ』と『ホンキー・トンク・ウィメン』どちらも当初はシングルのみのリリース。   その後様々なコンピレーション・ベストに組み込まれたけど、俺はオリジナル・アルバムで集めていたので、オリジナルのシングル・ヴァージョンはもっていなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングル・アドベンチャー(洋楽編③)『フォーリン』ルブラン&カー

 マッスル・ショールズのベテラン・セッションメン、ピート・カーとシンガー・ソングライターのレニー・ル・ブランのデュオ。これも大ヒット。AORの名曲として現在もよく聴かれているナンバー。 この曲が断トツに素晴らしかったので、アルバムは買わずにシングルで済ませたという(苦笑)。   ミッドナイト・ライトワーナーミュージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングル・アドベンチャー(洋楽編②)『ニューヨーク・シティ・セレナーデ』クリストファー・クロス

 こちらも文句なしの大ヒット・ナンバー。映画【ミスター・アーサー】のテーマ曲。ただし、クリストファー・クロスのオリジナルではなく、バート・バカラックとキャロル・ベイヤー・セイガーの作品。  正に売れるために作られたという位の楽曲。 メランコリックなイントロのピアノ・・・それがクロスの澄んだ歌声にぴったりフィット!!ストリング・アレン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングル・アドベンチャー(洋楽編①)『アンダーカバー・エンジェル』アラン・オ・デイ

 山下達郎の楽曲の英詞を担当していたことでも知られるアラン・オ・デイ。おそらく唯一のビッグヒット。 そこはかとなくカントリー色もある陽気なポップ・ソング。  日本でもそこそこヒットしたと記憶している。 これ、俺じゃなくて弟が買ったんだっけ? アペタイザーズ(紙ジャケット仕様)ビクターエンタテインメント …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングル・アドベンチャー(邦楽編⑬) 『スターダストキッズ』佐野元春

 これも安全地帯のシングルと一緒にもらったもの。 佐野元春はアルバム単位でCDで持っているので、かえってこういうシングルは新鮮な感じ。  まだバッキングはハートランドだったね。 スターダスト・キッズ [EPレコード 7inch]EPICソニー 佐野元春 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シングル・アドベンチャー(邦楽編⑫) 『ワインレッドの心』安全地帯

 いゃあ、ブチブチがひどい・・・。これ元々俺が買ったんじゃなくて、ある人がレコードを処分するときにもらったもの・・・。まあ、保存状態が悪かったのか、繰り返し何度も聴きすぎたのか・・・尋常じゃないくらいスクラッチ・ノイズがひどい。俺ならレコードこんな風には扱わないよ・・・。  まあ仕方がない。この曲自体はCDのアルバムで持ってるし・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングル・アドベンチャー(邦楽編⑪) 『悲しい日々』上田正樹

 上田正樹といえば、一般的には『悲しい色やね』のヒットで、そしてロックファンの間では「サウス・トゥ・サウス」、 有山潤二との「ぼちぼちいこか」で知られている・・・日本屈指のソウルシンガー。  ただ『悲しい色やね』の大ヒットの前に、同じ「悲しい・・・」の付けられたシングルをリリースしていることはあまり知られていないのではないだろうか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年 今年の収穫「CD・レコード編」

 さて今年もこの時期が来た。昨年もかなりいろいろな名盤、珍盤を手に入れられたけど、今年はそれに輪をかけて充実したラインナップになったかなと・・・。 まずは、CD編 「新作もの」 ○ブライアン・ウィルソン・・・【No Pier Pressure】・・・大傑作!! ○キース・リチャーズ・・・【クロスアイド・ハート】・・・キース待望の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80年代洋楽再考【カーゴ】メン・アット・ワーク

 83年リリース。『ノックは夜中に』『ダウン・アンダー』のヒットを持つメン・アット・ワークのセカンド・アルバム。 これもアナログでしか持っていなくて、滅多に聴いていない一枚・・・。  リーダーでメイン・ソングライターのコリン・ヘイの個性が強いバンドだが、このアルバムでは、ロン・ストライカートやグレッグ・ハムにリードボーカルを任せる曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80年代洋楽再考+アナログ・アドベンチャー[10]【POPにEYEして】○X○(オクソ)

 「オクソなんてお下品だわァ~」なんてね。まあOが二つでXが1つでオクシジョンをモジったものだろう。 ルックスも含めて一発屋のニオイがプンプンしてるけど、これは正しく80'sの方法論に則った良質のPOPだと思う。  シングルカットされた『ワリィGIRL』なんて、シンセ・打ち込みがピュピュン飛んでるけど、メロディやサビ、Bメロへの移行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アナログ・アドベンチャー[8]マット・ビアンコ/探偵物語

 84年リリース。イギリス発のちょっとジャージーでおしゃれなPOPS。 この当時はこんなの結構聴いていた。これとかディープ・シー・ジァイヴァースとか・・・。 デジタル楽器と人力楽器を上手く組み合わせたサウンド。ちょっと小粋で明るいポップな曲調・・・。  時代の雰囲気を見事に捉えている。ピコピコがあまり目立たないのが良かったね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アナログ・アドベンチャー[7]キメラ・・・ミスティックなフィーメール・ボーカルの魅力

 1970年リリース。プレス数そのものが極端に少ない珍品?? 俺の持っているレコードは手書きでNo945と書いてある。2002年に再リリース。  なにやらいかがわしいビデオを彷彿とさせる半裸の女子二人の並んだジャケット・アート。そう全くのジャケ買い。  結果は大当たり!! このフォーキーでちょっとサイケがかったサウンド。ジャケットの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more