テーマ:60's洋楽

ヤング・ラスカルズ【ワンス・アポン・ア・ドリーム】

 ヤング・ラスカルズ68年リリースの3作目。基本的には前2作と同じくブルー・アイド・ソウルなんだけど、時節からサイケ・ポップの要素も加わって曲の構成もより複雑になっている。フェリックス・キャバリエ、エディ・ブリガッティ、ディノ・ダネリ、ジーン・コーニッシュの四人の他に、ヒューバート・ローズ、キング・カーティス、チャック・レイニー、リチャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺的名曲100選[78]・・・『サニー』ボビー・ヘブ

 さて、次は俺らの世代では、かなり浸透しているヒット曲。まあ、ボビー・ヘブといってもこれ1曲しか知らない。 シンプルだけど、ついつい口ずさんでしまうというのは名曲の証!! そこはかとなくソウル色があるのがいいんだよね、コレ!! ※この人、ギターの腕前もなかなかだぞ!! 二つ目の画像を見て!! 続 僕た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽天国①『ノー・ノー・ノー』ヒューマン・ベインズ

 本当は今日amazonに注文している商品が5枚届くことになっているのだが、時間指定ができなかったために、午前中からずっと待っている。おそらくこの分では夕方になるのではないかな? で、ひたすら待っているのも苦痛なので、久しぶりに98年にリリースされたコンピ・アルバム【洋楽天国EMI編】てのを聴いている。  スージー・クワトロ、MC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッチー・ライダー&デトロイト・ホウィールズ

 スプリングスティーンも『悪魔とモリー』を取り上げるくらい影響を受けたミッチー・ライダー。 これはそんなミッチー・ライダーとデトロイト・ホウィールズのベスト・アルバム。  本当は「ベスト・オブ・ベスト」で取り上げる予定であったもの・・・。 『悪魔とモリー/デヴィル・ウィズ・ア・ブルードレス~グッド・ゴリー・ミス・モリー』を筆頭に、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【デイ・ドリーム】ラヴィン・スプーンフル

 66年リリースのセカンド・アルバム。タイトル・ソングの『デイ・ドリーム』は全米二位の大ヒット。 一躍スターになった彼らはイギリス公演も成功させる。ロンドンではビートルズやストーンズのメンバーも駆けつけたという。  ほんわかとしたラグタイム調のこんな曲がヒットチャートに入っていた時代というのは、ある意味うらやましいような・・・。いや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ドゥ・ユー・ビリーヴ・イン・マジック】ラヴィン・スプーンフル

 あえて避けてきた訳ではないのに、何となく今まで取り上げていなかったのがラヴィン・スプーンフル。 ※ジョン・セバスチャンのソロは一度記事にしたことはあるが・・・。  【ドゥ・ユー・ビリーヴ・イン・マジック/魔法を信じるかい?】・・・この場合の[マジック]は[ミュージック]と同意語である。  ション・セバスチャン、ザル・ヤノフスキー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ビッグ・スペンダー』シャーリー・バッシー

 もうまもなくジョニー・デップ主演の映画[チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密]が公開になる。 なんだかんだいってジョニー・デップ主演の作品は結構見ている。今回も多分見に行くと思う。  で、そのCMトレーラーで流れている曲が、シャーリー・バッシーの『ビッグ・スペンダー』。これ2013年の「ホンダ・ステップワゴン・スパーダ」のC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「さんま御殿」のオープニング曲『ハンキー・パンキー』

 今日はちょっとTVがらみのものから・・・。昨日何気なしにみていた「踊るサンマ御殿」のオープニング曲『ハンキー・パンキー』。まあ、毎週みているわけではないが、このタイトル曲とサンマがゴジラと合体しているアニメのオープニングはセットになってすり込まれている。  で、そういえばトミー・ジェームズ&ザ・ションデルズだったよな・・・ってことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more