テーマ:サイケ

〔サージェント・ペッパーズ・シンドローム③〕ゾンビーズ【オデッセイ・アンド・オラクル】

「好きさ好きさ好きさ」 「シーズ・ノツト・ゼア」などのヒット曲で有名なゾンビーズ。67年デッカとの契約が切れたゾンビーズはCBSに移籍。  第1弾のシングルは不発。第2弾の「独房44」はロッド・アージェントのメロトロンをフィーチャーした極上のポップ・ソングだったが、これもたいした話題にならなかった。  メンバーの脱退を機にバンドは解…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

〔サージェント・ペッパーズ・シンドローム②〕プリティ・シングス【S.Fソロウ】

 プリティ・シングスといえばフォンタナ時代はばりばりのブルース・ロックというかブリティッシュ・ビートバンドの一つであった。ビル・ワイマン加入前のストーンズに関わったディック・テイラーがいたことでも有名。(グループ名はボ・ディドリーのナンバーから)  そんなプリティ・シングスは67年EMIとの契約を機に、サイケ色の強い音楽をやり始めた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔サージェント・ペッパーズ・シンドローム①〕ホリーズ【バタフライ】

 ビートルズの【サージェント・ペッパーズ】が発売された直後67年6月、ホリーズは同じくサイケデリックなアルバム【エボルーション】を発表。しかし、さらにわずか4ヶ月後に本作【バタフライ】を発表。  しかし、面白いのはその一ヶ月後にストーンズも【サタニック・マジェスティーズ・リクエスト】をリリースするなど、【サージェント・・・】が発売され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扉の向こうで ジム・モリソンの見た物とは・・・ 『The doors』

 イギー・ポップはそのバンドを見た事を誇らしげに語っていた。リンダ・ロンシュタットは、その日、はいていたぼろぼろのレザーパンツが元々モリソンの物だったと自慢していた。  ザ・ドアーズは不思議なバンドだ。ボーカル、ギター、キーボード、ドラムス、ベースレスの四人編成。  「ライトマイファイア」(ハートに火をつけて)、「ブレイクオンスルー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more