テーマ:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ【アイム・ウィズ・ユー】

 現在のところ、最新のアルバム【ザ・ゲッタウェイ】はなかなかいいアルバムだった。で、その一つ前の【アイム・ウィズ・ユー】に関しては、ジョン・フルシャンテが再脱退後のアルバムということもあって、なぜかずっとスルーしたままだった。 で、ようやく最近ブックオフで入手。正直結構軽くなってしまったなという印象。 もちろん駄作ではないんだけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

 84年リリースのデビュー作。いやぁ、最初から絶好調じゃないか。まあ、基本的にはP-Funkからの影響が大だけど、白人主体でこの手のサウンドに真っ向から向かい合ったバンドがほとんどいなかった時代に、これは十分手応えがあったと思う。というか・・・黒人たち自身がヒップホップ方面ばかりに傾いて行く中で、本来のブラックミュージックの良さを引き継…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だらけた日常に喝!!【ゲッタウェイ】レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

久々にレッチリの新譜を購入してみた。いいな。一時期の迷いから完全に抜けた感じ。 あとのミクスチャーロックやオルタナ勢は忘れ去られもレッチリだけは生き残っていくんじゃないかな。  それだけの実力と風格を持っている。しかも、これだけギタリストが入れ替わっても芯がぶれないのは、やはりアンソニー・キーディスとフリーの信念が有るからではないだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

For 90's Lovers【カリフォルニケーション】レッド・ホット・チリペッパーズ

「ラップは大嫌いだけどレッチリは大好き!!」 『アラウンド・ザ・ワールド』が勘違い映画[ベック]に使われたことでも話題になったレッチリ・・・。※そのことに関しては2010/09/03の記事に書いてあります!! まあ、現在まで続いているバンドで80年代末に出てきたバンドで唯一フォローしている数少ない1組。 アンソニー・キーディス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ【ステイディアム・アーケディアム】2006年

 ラップ・ヒップホップは大嫌いだけどレッ・チリだけは別だ。まあ、レッチリは単にラップを取り入れているだけだけどね。数多く存在するミクスチャー・ロック・バンドの中でも彼らは頭1つ抜けている。  レッチリのどこが好きかというと[ロックバンド]だということ!! 奇妙なメロディを持つ曲が多いし、ファンクの要素も強いけど、彼らのたたずまいは常…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

For 90's Lovers【ワン・ホット・ミニット】レッド・ホット・チリペッパーズ

 90's以降のバンドの中ではレッチリは特に好きなバンド・・・。で、いろいろ好きなのはあるけど今回は95年リリースのコレ・・・【ワン・ホット・ミニット】。  レッチリのどこが良いかというと、とりあえずオルタナの中では断トツに聴いていて元気が出るんだよね。 キャラクターの立ち方も好きだし、なによりもブラック・ミュージック(ファンク)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニアの青いバカ?【バイ・ザ・ウェイ】レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

「熊さん、やっぱり冬は鍋が良いねぇ~」「八つぁん、なんでぇ藪から棒に・・・。でなにおめえはどんな鍋が好きなんでぇ?」「おいらはやっぱり鉄っちりがいいねぇ」「そ、そんな高え物、めったに口にへえらねぇだろ?」 「なぁに、カリフォルニアへちょっくら出かけりゃ、すぐ食えるぜ」 てなことで、ニューイアー・イブにふさわしいかどうかわから…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

For 90's Lovers【ブラッド・シュガー・セックス&マジック/レッチリ】

 一時期ミクスチャー・ロックてのに手を出していた時期があった。90年代前半。で、色々聴いてみたけど後々まで生き残っていくのはレッチリ[レッド・ホット・チリペッパーズ]くらいだろうと思っていたが、やはりその通りであった。 (何度も解散の危機に直面してるけどね)  で俺が好きなのは【ブラッド・シュガー・セックス・マジック】。【ワン・ホッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more