テーマ:ミンク・デヴィル

やさぐれ兄貴のロックン・ロール・・・ほんのりラテン風味

ミンク・デヴィル【Le Chat Bleu】 良いな、これ、やさぐれたウィリー・デヴィルのボーカルにスティーヴ・ダグラスのサックスがニューヨークの裏街の雰囲気を強調する。かつてスプリングスティーンやサウス・サイド・ジョニーの持っていた感覚にかなり近いフィーリングとサウンド・・・好きだなぁ。 La Chat BleuCultu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミンク・デヴィル[リターン・トゥ・マジェンタ]これまた最高!!

続いてもミンク・デヴィルで、78年リリースの【リターン・トゥ・マジェンタ】。 アルバム・ジャケットの写真・・・朝焼けか夕焼けか? 赤く染まる空をバックにビルの屋上にたたずむミンク・デヴィル(ウィリー・デヴィル)。  78年リリース。プロデュースは前作に引き続いてジャック・ニッチェ。この選択は正しかったと思う。 ロックン・ロールの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今更だけど最高!!ミンク・デヴィル【キャブレッタ】

 4月6日にロックパラストのライヴ(DVD+CD)を取り上げて以来、すっかり気に入ってしまった。で、初期のアルバム二枚も注文して、極最近届いた。  まずは77年リリースの【キャブレッタ】。プロデュースはジャック・ニッチェ。ご機嫌なホワイト・ソウルともいうべき『ヴィーナス・オブ・アベニューD』。そしてイタリアン・ポップの香りの強い『リト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミンク・デヴィル[live at Rockpalast1978&1981]

またまた凄いいかしたの出してくれましたRockpalast。J.geils Bandもかなりしびれたけど、今回のこのDVD+2CDも最高!! とは言っても、ミンク・デヴィルまともに聴いたことがなかった。名前と顔は知ってたけど・・・。 だから、今回のこの[ライヴ]は映像も込みというのが良かったね。  ニューヨーク・パンク・パブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more