テーマ:クライマックス・ブルース・バンド

クライマックス・ブルース・バンド【ゴールド・プレーテッド】

 クライマックス・ブルース・バンド はクライマックス・シカゴ・ブルース・バンドと名乗っていた頃から、好きで集めていたが、さすがにこの辺りになるとちょっと抵抗があった。なんたってシングル・ヒットした『クドゥント・ゲット・イツト・ライト』に至っては、ブルース・バンドの影はまったくといって感じられず、ディスコに魂を売ったのかと思われても仕方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルース色はほぼ皆無【シャイン・オン】クライマックス・ブルース・バンド

 77年リリース。かつてのブリティッシュ・ブルース色は、ほとんど見あたらない。限りなくアメリカン・ウエストコースト的なサウンド。特にアメリカに移住したことがサウンドの変化に大きく影響したか・・・。  もっとも活動の拠点をアメリカに移して成功した例は、フリートウッド・マック、ピーター・フランプトン、フォガット、ロッド・スチュワート、クラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クライマックス・シカゴ【タイトリー・ニット】

 必ずしもセンスがいいとは言えないアルバム・ジャケはヒプノシス。 71年リリースの4作目。バンド名は[ブルース・バンド]の部分を省略して[クライマックス・シカゴ]名義・・・。 以後バンド名は[シカゴ]を外して[ブルース・バンド]を再び戻して[クライマックス・ブルース・バンド]にしたり・・・まあ、いろいろ迷いがあったのか? オープ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クライマックス・ブルース・バンド【リッチマン】

 72年リリース。ブリティッシュ・ブルース・ロック。どんなにがんばっても黒人そのものにはなれないし、本物のブルースは黒人にはかなわないということに気づいた多くの白人ロッカー達は、それならば白人独自のブルースを作ってしまえってことで、あるものはジャズを取り入れ、あるものはブリティッシュ・トラッドを取り込み、あるものはハードロックを生み出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【クライマックス・シカゴ・ブルース・バンド】

 全員生粋のイギリス人なのにこの大胆なネーミング。相当シカゴ・ブルースに入れ込んでいたことは確か。 もっとも、本格的なブルースをやっていたのは初期の数枚。バンド名の方も「クライマックス・シカゴ・ブルース・バンド」→「クライマックス・シカゴ」と短縮→「クライマックス・ブルース・バンド」今度は「シカゴ」を取って、「ブルース・バンド」を名前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【プレイズ・オン】クライマックス・ブルース・バンド

 クライマックス(シカゴ)・ブルース・バンド。その時期によって「シカゴ」がついたり、「ブルース・バンド」がついたり、バンドの名称(表記)が一定しないバンド。音楽性も初期と後期では全く違っている。  ただ、初期のジャズ色もあるブルース・ロック期がやはり俺にはしっくり来る。 【プレイズ・オン】は69年(アメリカでは70年)リリースのセカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の1曲『ゴーイング・トゥ・ニューヨーク』

 「ハロー・グッド・ロッキン・ピープル♪」さて今日はブリティッシュ系の音楽をお送りします。 久々にブルース・ロック・・・〔ブルース・ロック〕といえばブリティッシュ・ブルース御三家〔フリートウッド・マック、サボイ・ブラウン、チッキン・シャック〕やブルース・ブレイカーズが有名だけど、今日はそれに次ぐ存在としてある程度有名なクライマックス・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブリティッシュ・ブルース【クライマックス・シカゴ・ブルース・バンド/ア・ロット・オブ・ボトル】

 クライマックス・シカゴ・ブルース・バンド→クライマックス・シカゴ→クライマックス・ブルース・バンド。すべて同じバンドの名前の変遷。  イギリスのブルース・バンドとしてはフリートウッド・マック、サボイ・ブラウン、チッキン・シャック〔いずれも以前紹介済み〕とジョン・メイオール&ザ・ブルース・ブレイカーズが有名だが、その次くらい有名なのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more