テーマ:クインシー・ジョーンズ

A to Zラウンド2 [Q]クインシー・ジョーンズ【バッド・ガール】

 73年リリースのフュージョン・ソウルまたはソウル・ジャズ・・・てな作品。 ラヴィン・スプーンフルの『サマー・イン・ザ・シティ』を取り上げているあたり、いかにも70年代前半という感じ。  そう白人、黒人関係なく、お互いが良いと思った音楽はどんどん積極的に取り上げようという風潮があったのだ。  俺なんかはそういうの凄く好ましく思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[BIG BAND BOSSA NOVA]クインシー・ジョーンズ

 映画[オースティン・パワーズ]ではバート・バカラックをはじめとしていかした音楽がかなり使われているが、断トツに印象深いのはクインシー・ジョーンズの『ソウル・ボサノバ』。  クイーカのユーモラスの音から始まって、いかしたブラスがウキウキした雰囲気を演出。 元々ボサノバやブラジリアン・リズムをふんだんに収録したアルバム【BIG BAN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ロック黄金期1974編]スマック・ウォーター・ジャック/クインシー・ジョーンズ

 これは本来ここで取り上げるべきではないアルバムかもしれない。いやいや中身がどうということではなく、本来1971年にリリースされたもので、日本での発売が74年ということでちょっと反則といえば反則!! まあしかし、日本の音楽界に大きく影響を与えたアルバムであることは確か。 タイトル・ソングの『スマック・ウォーター・ジャック』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A&Mレコード特集⑲【ウォーキング・イン・スペース】クインシー・ジョーンズ

 69年度グラミー賞最優秀ジャズ・アルバム賞を獲得した名盤。当時ヴァーヴからA&Mに引き抜かれたプロデューサーのクリード・テイラーからジャズ・アルバムを作らないかといわれたクインシーは「曲目、メンバー、バンドの規模もすべて好きなようにしていい」という条件で、このアルバムを制作。見事グラミーを取った。 俺がこれを手に入れたのは確か大学一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more