テーマ:リッチー・フューレイ

リッチー・フューレイ【ダンス・ア・リトル・ライト】

 先月28日にソロ・デビュー作を紹介したリッチー・フューレイの78年リリースのセカンドソロ作。 前作も良かったが、このセカンドもいかにもウエストコーストらしいさわやかな仕上がり。  ポコでは創始者であったにも関わらず、在籍後半にはすっかり影が薄くなっていて、なるほど脱退したのは致し方なかったかなと・・・。サウザー・ヒルマン・フューレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リッチー・フューレイ・バンド【アイヴ・ガット・ア・リーズン】

 リッチー・フューレイのポコ脱退後初のソロアルバム。76年リリース。全般的に予想に反してややハードな仕上がり。メロディはリッチーらしい美しいものだが、バックのサウンドや曲調は、リッチーが抜けた辺りのポコに近いのだ。  これはどういうことだろう?てっきり、リッチーのソロデビュー作だから、もっとカントリー・ロックよりの内容だと予想していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リッチー・フューレイ【夢は終わりぬ】

 バッファロー・スプリングフィールド、そしてポコ・・・常にエポックメイキングなバンドに在籍しながら、いつの間にか隅の方へ追いやられてしまう、根っからの脇役的キャラ・・・。  作曲能力もあり、ほんのちょっと鼻にかかったハイトーンのボーカルも悪くないのに、なぜかいつも他のメンバーの方が目立ってしまうんだよね。  ジム・メッシーナと共に旗…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more