テーマ:フェラ・クティ

フェラ・クティ&エジプト80 【ビースト・オブ・ノー・ネイション】

 基本的に駄作のない人。このアルバムも特別奇をてらったような仕掛けがあるわけではないし、なにやら辛辣な政治的なメッセージが込められているのもいつものことだが、サウンドに関してはこれはもう抗うのが不可能なグルーヴに満ちている。  特にブラス隊のさりげないアレンジとハモンドの響きがいかす。もちろん打楽器の跳ね具合に至ってはなにおかいわんや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェラ・クティ【シャカラ/ロンドン・シーン】

 フェラ・クティ・・・偉大なるアフリカを代表するミュージシャンであり、数々の武勇伝を誇る過激な活動家でもあった。 なので、彼の音楽にはナイジェリア政府との激突の歴史が刻まれている。  個人的には政治的なカラーを音楽に取り込むことには否定的なのだが、フェラの音楽に対するモチベーションには確実に政治や民族問題が切り離せない。  とはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェラ・クティ・・・反逆の貴公子【イエロー・フィーヴァー/ナ・ポイ】

 アフロ・ミュージック、ほんの少ししか持っていないけど面白い。一番最初に聴いたのは、キング・サニー・アデ。 で、そのうちフェラ・クティを知った。この人の音楽はアフリカ・ビートとジャズ、そしてJ.Bファンクを合わせたような混沌としてはいるが、生命力にあふれたものだ。  そして常に体制に取り込まれない反骨心を感じさせる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフロ・ミュージック・レジェンド【ゾンビー】フェラ・クティ

 実はこのアルバムに関してはナイジェリア政府からのかなりひどい弾圧と殺略行為が絡むのだが、ここではあえて詳しく触れないことにする。なぜなら、ここに収められている楽曲ができあがった背景を知るよりも先にサウンドとしてフェラ・クティの音楽を先入観なしに聴くことの方が大切だと思うからだ。  アフロビートとジャズとロックとファンクを融合したサウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more