テーマ:レイ・チャールズ

[ATLANTIC R&B COLLECTION 1000]⑮レイ・チャールズ/シングス・ブルース

 【ザ・ジニアス・シングス・ザ・ブルース】・・・レイ・チャールズのアトランティック時代のブルース系の曲だけをまとめたアルバム。  『ハード・タイムス』『ザ・ライト・タイム』『アイム・ムーヴィング・オン』『アイヴ・ビリーヴ・トゥ・マイ・ソウル』など有名曲を中心に実に黒っぽい仕上がり・・・。  以前紹介した【ライト・タイム】(編集盤)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイ・チャールズ79年の好盤【エイント・イト・ソー】

 さてレイ・チャールズの【ラブ&ピース】に続く79年リリースのアルバム。A面に納められている3曲はいずれも甲乙つけがたい出来。 『魅惑の宵』はミュージカル「南太平洋」からの1曲。テンポアップし、レイのソウルフルなボーカルが素晴らしい。 『ブルース・イン・ザ・ナイト』はスタンダード・ナンバーだが、まるでレイが歌うことをあらかじめ想定し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイ・チャールズはパンクを聴いたか? 【ラブ&ピース】

 ハードロックに飽き飽きしていた高校時代・・・次に夢中になったのはR&B(リズメン・ブルース)。 オーティス、サム・クック、アレサ、ウィルソン・ピケットといったサザン・ソウルからモータウンの強者達・・マーヴィン・ゲイ、テンプス、スモーキー・ロビンソン、フォートップス、スティービー、スプリームス・・・。果てはオーティス・クレイやアル・グ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名盤!!【レイ・チャールズ/ザ・ライト・タイム】

 オーティス、サム・クック、マーヴィン・ゲイ、ダニー・ハサウェイ、スティービー・・・俺にとって男性ソウル・シンガーとして神様みたいな人は沢山いるけど、なんといってもレイ・チャールズは別格!! 【ザ・ライト・タイム】はレイのアトランティック時代の名盤・・・今まで取り上げなかったのが不思議なくらい。 一時期、かなりはまっていたのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WOWOW生涯ベストソング100を見て〔ジョージア・オン・マイ・マインド〕

 昨日偶然WOWOWを見たら〔みんなで選ぶ生涯ベストソング100〕つうのが入っていて、60年代~現代まで各年代それぞれ20曲ずつ選ばれたものを流していたのだが・・・。  まあやっぱり思い入れがあるのは60~70年代、ぎりぎり80年代までは圧倒的に洋楽が強い。90年代あたりから俺の嫌いなJ-Popが多く入ってきている。 で、俺…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

マイ・フェイバリット・ソングス『ハレルヤ・アイ・ラブ・ハー・ソー/アイ・ガット・ア・ウーマン』

 レイ・チャールズの曲で一番最初に聴いたのは『ホワッド・アイ・セイ』。次に知ったのは『ジョージア・オン・マイ・マインド』そして『ハレルヤ・アイ・ラブ・ハー・ソー』。 軽快なレイのピアノとビック・バンド。けっこうこの歌い方真似したよなぁ。後半テンポを落としてフォービートに、軽いジャズ風味が都会的なイメージ。 それと逆のイメージがあるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おーサマーツアーいそいで旅たてジャッーク!!!【レイ・チャールズ】

 黒人シンガーの中で俺にとって神様に等しい人が三人いる。サム・クック、オーティス・レディング、そしてレイ・チャールズ。2004年の伝記映画【レイ】で初めて知った人もいるだろう。   「ヒット・ロード・ジャック、ドンチュカムバックノー・モーノーモーノーモア」かなり前だけど、よく風呂場でレイ・チャールズの曲を歌っていた。風呂場って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more