テーマ:レイクサイド

レイクサイド【ショット・オブ・ラヴ】

 オハイオ州出身の大編成ファンクバンドのソーラー・レーベル第一弾。 毎度のことながら、演奏、ボーカル、コーラスすべて素晴らしい。  タイトル曲をはじめ強力なファンク・サウンドと、スケールの大きなメロウなバラードの二本立て。 毎回のレコジャケのイラストが粋なテーマに沿ったものになっている。このアルバムではどうやらロビンフットらしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ラフ・ライダーズ】レイクサイド

 前回の【ファンタスティック・ボヤージ】は海洋アクション(海賊もの)だったのに対して、今回のこれは西部劇。 ジャケットのこだわりはたぶん、メンバーが相当映画ファンなんじゃないかと推測できる。  まあ、楽しいよね、こういうの・・・。 79年リリース・・・ということは【ァンタスティック・ボヤージ】の一つ前か? トーマス・シェリーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイクサイド【ファンタスティック・ボヤージ】

 以前からこのアルバム欲しかったので、今回の仙台のフェアで見つけたときは迷わずゲット。※レイクサイドはもう一枚【ラフ・ライダーズ】も見つけたのでそれもゲット。  80年リリース。基本的にはエレクトロ楽器とアナログ楽器を融合したサウンド。トーマス・シェルビーのリード・ボーカルにマーク・ウッド、オーティス・ストークス他のメンバーによるコー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レイクサイド【ユア・ウィッシュ・イズ・マイ・コマンド】

 今日もちょっとファンキーなヤツから行こうかな。レイクサイド・・・70年代~80年代にかなり多く存在したボーカル・インストグループの内の一つ。  実にダンサブルでいかしたファンクを聴かせてくれる。ただ、現在CDは非常に入手困難なものが多く、これは某サイトから取り寄せるのにあまりにも時間がかかるため、そちらをキャンセルして別の業者で注文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイクサイド【アウトレイジャロウス】

 84年リリース。ジャケットアートはどう見てもあの大ヒットアドベンチャー映画のパロディだよね。 サウンドの方はプリンス、ジャム&ルイスお得意の打ち込みハンドクラップ、うねうねとのたうちまわるシンセベースと人力ドラム、ロック感覚あふれるギター。  しかし、もともとのコーラスグループとしてのかなりファンキーでガッツの強い傾向が消されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これはまだだったな。【ベスト・オブ・レイクサイド】

 なんか最近はフェイスブックとミューゼオにほとんどかかりっきりになっていて、ブログが疎かになっていた。 これではいかんと思い、色々探してみたらこんなの見つけた。 70年代後半から80年代の終わりころまで活躍したファンクバンド。これはそのベスト・アルバム。  時代的な背景もあって、ブラスよりも電子楽器やエレクトリック・ベースのスラッ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more