テーマ:本・雑誌

「俺たちの1000枚 10Artists×100Albums」

 これは前回仙台にちょっと所用で出かけたときに本屋で見かけたものの、そのときはレコードにかなり小遣いをつぎ込んでいたために、買わないままになっていて、後悔していた本。  今回〇mazonで注文してようやく入手。 こういうアーティストがお気に入りのレコードを選ぶという企画は凄く好きなんだよね。好きなアーティストがどんなレコードを選ぶか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード・コレクターズ2017/8月号「パープル・レイン」

 ようやく5日遅れで、レコ・コレ8月号を入手・・・青森にこの手の雑誌はかなり遅れて届く。 今回の特集は「プリンスのパープル・レイン・デラックス・エクスパンド・エディション」、「ニッティ・グリティ・ダート・バンド」。Mr.BIGの記事もあるけど、全く興味ないのでスルー。  今回の「パープル・レイン」・・・未発表のデモとかも面白いだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコ・コレ増刊「洋楽ロック&ポップス・アルバム名鑑Vol.3」1978-1985

ようやく今日さっき買ってきた。 1978年というと俺は19歳、一浪して大学に入学した年。ここから怒濤のようにレコードを買いあさるようになる。 奨学金は授業料を除いてほとんどつぎ込み、アルバイトもレコード代稼ぎのために短期間で割のいいものだけ選んでやった。 もちろんそれまで手に入れられなかった過去の名盤を中心にそろえてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

内田勘太郎【ブルース漂流記】

 知る人ぞ知る憂歌団の勘太郎氏のエッセイ。俺はこの手の本が好きでたまらない。 ミュージシャンが子供の頃の話、音楽(ブルース)にまつわる思い出、ギター(楽器)に対するこだわり、メンバーとの出会い等について、極普通に語ったもの・・・これがやはり面白いんだよね。  メンバー同士の関わり方、同じ事柄についてもとらえ方、感じ方が違ったりすると…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ようやくゲット「No.1ヒットで知るソウルの歩み1957~69,年編」洋楽ファン必携!!

 いやぁ、ようやくというか無事ゲット出来た。続編の「ブルース&ソウル・レコーズ増刊No.1ヒットで知るソウルの歩み70年代編」の方はタイミングよく手に入れられたのだが、こちらの方は気が付いた時には店頭にはすでになく、amazonで調べたら、出品者から求められます・・・の次に6000いくらと書かれていて、とてもじゃないけど買えない。  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入院中に読んだ本②

 エッセイや推理小説とかも良かったけど、一番何度も読み返したのはやはり音楽関係、ギターに関する雑誌やムックの類・・・。  やっぱり、一番興味のあるものに関するものが時間をつぶすにはいいんだよね。 レコード・コレクターズ、ギターマガジン、プロ・ギタリストが語る僕の好きなギタリスト100、清志郎が教えてくれたこと・・・。  まあそれで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院中に読んだ本①

 入院経験のある人ならわかるだろうが、大きな手術とかではない場合、点滴以外の時間というのは非常に退屈である。テレビもあるけど、今回の俺の場合は、テレビ、充電コンセント、冷蔵庫がひとつのユニットで連動していてカードを入れると使用頻度によるけど、二日で使いきってしまう。ちなみにカードは一枚千円。つまり、二日で千円、十日で五千円いることになる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マイ・ベスト・キーボーディスト/ピアニスト20

レコード・コレクターズ6月号の特集は『20世紀のベスト・キーボーディスト/ピアニスト100』というもの。で、自分でもベスト20を選んでみた。  さずがに100人となると結構選ぶの大変だし、またジャズに関してはピアニストはどこまでが上手くて、どこまでがヘタ・・・というよりもあくまで好みの問題なので考えないことにして・・・。※一応フュージ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

洋楽ロック&ポップス・アルバム名盤Vol.2 1971-1977

発売一日遅れで、これを入手! 71年といえば、俺は中学1年。そして77年は栄光の浪人?(大学受験のため)時代。  まさに青春真っ只中の時だった。そして、ロック・ポップスの黄金時代をリアルタイムで過ごせたというのは、本当に幸せだった。※同時期に日本のフォーク・ブームも体験。  なので、現在の俺の音楽志向(演奏する方も聴く方も)はほぼ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコ・コレ増刊「洋楽ロック&ポップス・アルバム名鑑」その2

 さて晩飯も食ったし、前記事の続きを・・・。 68年後半・・・ ○アソシエーション【バースデー】 ○ローラ・ニーロ【イーライ・アンド・サーティーンス・コンフェッション】 ○ザ・ムーヴ【ザ・ムーヴ】 ○ゾンビーズ【オデッセイ・アンド・オラクル】 ○ペンタングル【ペンタングル】 ○C.C.R【クリーデンス・クリアウォーター・リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽ロック&ポップス・アルバム名盤Vol.1 「1955-1970」レコード・コレクターズ増刊

 ブログのテーマ「洋楽」の脇にあるブログ関連商品の欄で、この本を見かけて、今日早速買ってきた。 俺はこのての本に目がないから、中身が似かよっていてもついつい買ってしまうんだよね。  ざっと中身を見て感じたことなどを・・・。 まずは55年~59年(50年代後半・・・)。俺が生まれたのが59年の3月・・・なので、このあたりの音楽は当然…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコ・コレ11月号「キース・リチャーズ特集」+友人のライヴ告知

 なにはともあれ、ようやくキースが表紙のコレ手に入れた。 なんたってキースの特集だからね。これがミックの特集だったら、そんなにワクワクすることもなかったと思う。  あとまあ、デビッド・ボウイとかギルモアとかアイズリーとか個人的に好きなアーティストの特集記事がやはり目につく。  それにしてもキースの名演30選て記事があったんだけど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは面白いね!!【僕のビートルズ音盤青春記Part1 1962-1976】(牧野良幸著)

今日は夕食の食材を買いに行ったついでに書店に寄った。目的は「ストレンジ・デイズ7月号」を手に入れるため。  しかし、その雑誌以外にも収穫が・・・それは牧野良幸氏の著書「僕のビートルズ音盤青春記Part1」。 独特な文体と味のあるイラストで、俺はこの人の本の大ファンなのだ。今までも「僕の音盤青春記1971-1976」「僕の音盤青春記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ALL ABOUT PUB ROCK・・・パブ・ロックのすべて]

 小尾隆氏監修の日本初のパブ・ロックデータ本。読書の秋というわけでもないが、たまたま入った書店でこの本を見つけた。  どうせ、地元にはこの手の本はないだろうから、アマゾンで注文しようかなと思っていたのが、見つけちゃったんだよね。  主要アーティストのバイオグラフィ、ディスク解説、インタビュー等々・・・。盛りだくさんの内容でまだ全部は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この2~3ヶ月の間に読んだ本などの話を〔ビブリア古書堂の事件手帳〕他・・・

 この2~3ヶ月、読んだ本のことなどを少し・・・。 ○村上春樹〔1Q84〕文庫版6冊・・・まあ、おもしろかったけど・・・なんか後半尻すぼみ的な感じ・・・。読んだ人それぞれの感じ方だろうけど・・・。 ○東野圭吾〔ナミヤ雑貨店の奇蹟〕・・・これはかなり面白かった。今までありそうでなかったシチュエーションの小説。大人のためのファンタジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺的ベスト・ロック・ギタリスト30〔レコ・コレ30th企画に触発されて・・・〕

 今日は〔日本のフォーク・ロック・ポップス〕の日なのだが、それは後回しにして・・・。 実は俺が愛読している〔レコード・コレクターズ〕が今回の5月号で創刊30周年ということで、【20世紀のベスト・ギタリスト100】てのを載せていた。 この手の企画には凄く惹かれてしまうので、もちろんむさぼるように読んだのだが、正直なんかしっくり来な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1971年[40周年記念アメリカン・ロック編]

 さて、たった今買い物から帰ってきた。[ストレンジ・デイズ3月号]ゲット!! 今月18日の[1971年・・・40周年記念 ブリティッシュ・ロック編]記事に続いて[1971年・・・40周年記念 アメリカン・ロック編]。これを待っていたのだ!! 2月号では71年というロック史の中でも重要な年にリリースされたアルバムを通して、ブリティ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

俺がブログを始めた理由は・・・「JAM JAM日記」+「ピアニストを笑え」

 30歳から50歳まで、実は日記をつけていた。主にその日に聴いた音楽のこと、見た映画やTV番組のこと、読んだ本、スポーツのことなどを・・・。 で、そもそもなぜ日記を書くことにしたのかというと、日記の体裁を組んだ2冊の文庫本に出会ったことがきっかけだったのだ。 それは殿山泰司著の「JAM JAM日記」と山下洋輔著の「ピアニスト…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ロック史における1971年とは?「ストレンジ・デイズ2月号」

 今日第2弾も雑誌からの話題で・・・。もうまもなく3月号が発売になる「ストレンジデイズ」だけど。ずっと紹介しそびれて今日になってしまった。セーフ!! ストレンジデイズ2月号の特集「1971年40周年記念ブリティッシュ・ロック編」という記事には、正にこれだぁって膝を思わず叩いてしまったのだ。 というのは70~71年というのはロック…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

センスある邦題付けの名人[洋楽マン列伝高橋裕二氏]レコ・コレ2月号

 昨日入手したばかりの[レコード・コレクターズ2月号]の中の「洋楽マン列伝No.22」を読んでみたら、いやぁこれが面白かった。というか、俺の現在の音楽的なルーツはこんなところにあったのかって・・・。 高橋裕二さん、元エピック・ソニーのA.Rを務めた方なのだが、この人が担当したアーティスト、レコードは俺がちょうど小学生~中学のあたり…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

諸事雑感 ネットはとりあえず復旧したけど・・・

昨日の夕方ワーナー・マイカルに女房と一緒に〔パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉〕を見に行ってきた。相変わらずジョニー・デップはかっこいいぜっ!!前作に続いてキースも出てた。カメオ出演だったけど・・・。〔パイレーツ・・・〕の事についてはいずれ書こうと思う。  昨日今日はキース・リチャーズの自伝〔LIFE〕を読んでいる。まだまだ、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

諸事雑感!!〔ロックの50年、究極の500枚〕をチェックしてみて

昨日〔平和風さんのブログ〕・・・酔虎の独り言を覗いてみたら、〔ロックの50年、究極の500枚〕ていう、シンコーミュージックのMOOKが紹介されていて、俺もすかさずゲットした。しかし、この手の本は見つけるたびに買っているので大体三十冊以上はあるのではないかな? その中でもわりと最近のものだけでも ◎ローリングストーン名盤ディスクガ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

諸事雑感・・・最近読んだ本や興味のあることなど

 今日は音楽記事をいきなり書くのではなく、何となく別の事から書いてみようかな。とはいっても最近読んだ本とか興味のある本、映画[DVD]なんかの事など・・・。  今日は久しぶりに紀伊国屋に出かける。目的は太田光著の〔マボロシの鳥〕を手に入れたくて行ってみたが、一冊もない。なんなんだよ。つい2~3日前に眠れずに深夜テレビをつけたら偶然BS…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

聖なる夜だけど・・・イーグルス『二人だけのクリスマス』

 私ドン・フェルダーの断然見方です!!ベスト・クリスマス・ソングはジョンの『ハッピー・クリスマス(ウォー・イズ・オーバー)』だけど、もう一曲好きなのを・・・・。『二人だけのクリスマス/イーグルス』  昨日本屋で元イーグルスのドン・フェルダー著の『ドン・フェルダー自伝 天国と地獄 イーグルスという人生』という本を購入。で夕方から読み始め…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

必見!!ストレンジ・デイズ2011・2月号 今回は特にタイムリー

 今日ストレンジデイズの新しいの入手した。特集がけっこう充実している。 最近やたらリリース・ラッシュの「スペシャル・ボックス・セット」。当ブログでも取り上げた[バンド・オン・ザ・ラン]、[スプリングスティーンの闇に吠える街+プロミス]、その他にも[エグザイル・・・]とかザ・フーの[ライブ・アット・リース]、ジミ・ヘンの[ウエスト・コー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んで面白かった本ベスト10

順不同  ○ダーティー・ワーク(糸山秋子)・・・ストーンズのソングタイトルにちなんだ不器用な若者達のもどかしくも、胸に迫るストーリー。集英社文庫 ○「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の聴き方が変る本・・・今拓海著。文藝春秋社。 ○33 1/3の永遠・・・鈴木祥子著の音楽エッセイ 音楽出版社 ○ビートルズとアメリカロック史・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『BECK』の主題歌オアシスとレッチリだって??おかしくねぇ??

 久しぶりに憤っている!!映画『BECK』のテーマソングにレッチリの『アラウンド・ザ・ワールド』とオアシスの『ドント・ルック・バック・イン・アンガー』が使われているのだそうだ。なんで自前の曲使わないわけ??? 俺はオアシスもレッチリも大好きだけど、こういう使われ方はちょっと納得いかねぇ。普通の映画で洋楽が使われるんだったら、良く許可…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

レココレ9月号『日本のロック・アルバム・ベスト100 80年代編』に絡めて・・・

 今日LA MOSCAさんのブログを見て刺激を受けたので、俺も書いてみることに。ていうか、先超されたって感じ。先週の日曜から16日(月)に仙台に行くときに車中で、これ読んで、先月の60~70年代の日本のフォーク・ロックのベスト100とは大幅にランキングされるアーティストは変わるとは予想していたが・・・。  で俺なりに(現在51歳という…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

好きな小説家ベストテン!!俺の好きな物書きたち。

 以前好きな漫画家・・・てのをやったけど、今回は好きな小説家(作家)ベストテン。 例によって順不同。 ○京極夏彦・・・最新作『死ねばいいのに』もすばらしかった。絶対これ映画化してほしいな。そしたら渡来健也役はダイゴ(ウィッシュの)で決まり。良いと思うけどなぁ。 『姑獲鳥の夏』以来はまって『京極堂シリーズ』全部読んだ。他にも『覗き小…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

泣くな!!泉谷!!日本のロック/フオーク・アルバム・ベスト100【レコ・コレ8月号より】

 以前(5/15)このブログの記事で、独断と偏見で選ぶ『ニッポンのロック・バンド・ベスト15』というのを書いてみた事があるのだが、ようやくというか『レコ・コレ』でも日本のロック・フォークを本格的に取り上げるかって感じ。因みにソロアーティスト編は俺もまだ記事書いてなかったけど・・・。その内書くよ。  今回は60年代・70年代に絞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more