テーマ:ボビー・ブランド

ボビー・ブランド【ヒアズ・ザ・マン】

 ギター(あるいはピアノ、ハーモニカ)を演奏しながらブルースを歌うアーティストが多い中、ボーカルのみで勝負するかなり希な例であるボビー・ブランド。ボーカルのスキルはもちろんだが、ブルースの世界ではかなりもてたというか、アイドル的な人気もあったという。  本作は名盤【トゥ・ステップス・フロム・ザ・ブルース】と並ぶブランドの代表作。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【トゥー・ステップス・フロム・ザ・ブルース】ボビー・ブランド

 さて、こちらはチャーリー・パットンとは、時代もスタイルも全く違って、泥臭さはほとんどないソフィスティケートされたブルース。  男性ブルースメンとしては珍しくギターやピアノを弾かずボーカルのみのシンガーだけど、クラプトンをはじめとして彼のレパートリーを取り上げているアーティストは多い。 ※一番有名なのは『ストーミー・マンデイ』と『フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ものすごく贅沢な共演【トゥギャザー・フォー・ザ・ファースト・タイム・・・ライヴ】

 これも今回の仙台旅行の時に手に入れたもの。かなりの収穫だと思う。 74年リリース。なんといってもB.Bとボビー・ブルー・ブランドの共演。ブルース界においても、この顔合わせは1つの事件であったに違いない。  『3オクロック・ブルース』から二人の絡みはスリリングだけど、フレンドリーな感じ。 『イッツ・オウン・マイ・フォウルト』と俺も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more