テーマ:スクイーズ

スクイーズ【コシファン・トウッティ・フルッティ】

 これは極最近まで持っていることを忘れていたくらい久々にレコードを引っ張り出して聴いたもの。 85年リリース。ティルブロックとディフォードの主要メンバーに初期のメンバーだったジュールズ・ホランドも参加してめくるめくポップワールドを展開している。  まあ、それなりに良い感じ! Cosi Fan Tutti FruitiA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スクイーズ【スクイーズ/ファースト】

 最近ユニヴァーサルから一斉に出された「パンク1000ベストコレクション」はめぼしいところはほとんど持ってるし、紹介済みのものが多いんだけど、これはまだだったな。  俺の持っているアナログ盤には「UK SQUEEZE」って記述されている。※おそらくアメリカに同名バンドがいたのだろう・・・。  さて、パンクというよりは後のサウンドはパ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[80's洋楽グラフィティ②]アージー・バージー/スクイーズ[1980]

80年代洋楽のひとつの特徴として、60年代のソウル・ミュージックを見直す動きがあったように思う。 たとえば、カルチャー・クラブ、デュラン・デュラン、シンプリー・レッド、スタイル・カウンシル、ポール・ヤング・・・。アメリカではホール&オーツやヒューイ・ルイス&ザ・ニュースなどもその流れに入るだろう。  特にイギリスではモータウンやフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンク・パブロック列伝〔スウィーツ・フロム・ア・ストレンジャー〕スクイーズ

 パンク・ニューウェイヴ界のレノン・マッカートニーと呼ばれるグレン・ティルブロックとクリス・ディフォードという二人の優秀なメロディ・メイカーを配するスクイーズ。ひとつ前のXTCと圧倒的に違うところはそこはかとなくR&Bからの影響が感じられるところだろう。 確かにデビュー時はパンク・ブームを利用したかもしれないが、こちらは正統派のブ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エルビス・コステロがプロデュースした好アルバム【イースト・サイド・ストーリー/スクィーズ】

 81年リリースのスクィーズ4作目。オープニングを飾る『インクィテセンス』のMG'sを彷彿とさせるご機嫌なサウンド。カッコイイ!! クリス・ディフォード、グレン・ティルブロックというパンク・パブロックきってのソングライター・コンビを配するスクィーズ。 このアルバムの時のメンバーはティルブロック、ディフォードの他にギルソン・レイヴィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンク・パブロック列伝〔スクイーズ/クール・フォー・キャッツ〕

79年のセカンド・アルバム。初期の代表作。このときのメンバーはクリス・ディフォード、グレン・ティルブルック、ハリー・カクーリ〔ベース〕、ジュールズ・ホーランド〔キーボード・・・後のテレビ番組レイターでおなじみ〕、ギルソン・レイビス〔ドラムス〕。  初期~中期のビートルズを想起させるような甘酸っぱいメロディを得意とするバンド。パンク・パ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more