テーマ:ブルー

ブルー/ライフ・イン・ザ・ネイビー

なんとベン・キースがゲスト参加でさらにアメリカナイズしたセカンド。74年リリース。このアルバムではロバート・スミス(ギター)が加わって四人組となる。  元々ウエストコーストやカントリーロックにあこがれの強い連中だったが、ここではニール・ヤングとの関わりも強いペダル・スチールのベン・キースを参加させたということからもかなり真剣な姿勢がみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BLUE/BLUE

これ以前記事をアップしたつもりだったんだけど、どこにも見つからないので改めて紹介しようと思う。  まあ、世間的には「ブリティッシュ版のウエストコースト・サウンド」の代表格とかいわれているらしいけど、確かにアメリカの音楽へのあこがれは感じる。しかし、俺が思うに、むしろロニー・レインとかのほのぼのとした牧歌的な音楽の方に近いような・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more