テーマ:ビリー・ジョエル

ビリー・ジョエル【ザ・ミレニアム・コンサート】

 これはビリーがまだホーマー・シンプソンそっくりになる前の2000年のライヴ。 二枚組でこの当時までのほぼベスト選曲。ピアノもビリーの声もまだ十分に力強く、バッキングも申し分ない。  近年の【シェイ・スタジアム】のライヴも良いが、この当時は低迷したあとということで観客の熱狂ぶりも良くわかる。  『ビッグショット』『ムーヴィンアウト…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ピアノマン列伝③【ピアノマン/ビリー・ジョエル】

 今日紹介した3人の中では一番〔ピアノマン〕の名称が似つかわしいのはこの人かもしれない。カリスマ性はなくとも、すごく親しみやすい感じ。 俺がリアルタイムで彼を知ったのはちょうど【ストレンジャー】の頃だった。※レコードジャケットも秀逸だったけど・・・スタローンよろしくボクシングのグローヴを肩から提げた印象的な内袋の写真!!何とも良い感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80年代洋楽再考【ビリー・ジョエル/イノセントマン】

 久々にビリー・ジョエル。もうほとんど主要なアルバムを取り上げてきたので、今回はコレ。83年の【イノセントマン】。前作の【ナイロン・カーテン】はきわめてシリアスな内容のトータル・アルバムだったが、俺はかなり気に入っていた。  実は【イノセントマン】はビリーのアルバムの中ではそれほど気に入っていないし、重要な作品だとも思っていない。まあ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ビリー・ジョエルの賭け【グラスハウス/ビリー・ジョエル】

 [ライブ・アト・シェイ・スタジアム](CD+DVD)も話題になっているビリー・ジョエル。ビリー・ジョエルは素晴らしいソング・ライターだし、一流のバラード・シンガーである。それはまず間違いない。しかし、ビリー本人はバラード・シンガーだと決めつけられるのが気に入らないらしい。そう、ロックン・ローラーでありたいのだ。  実際グラス・ハウス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

誠実な対応を(オネスティ/ビリー・ジョエル)

 一つ前の記事で昨日の東京電力の計画停電に関する事について書いたら、いくつか興味深いコメントがあった。 確かに電力についての知識は十分では無かったが、言いたかったのは「計画」と名前をつけている以上、朝の第一グループからきちんと実施してほしかったということだ。後になってからから供給料が足りたからやらなかったなどと言われても、その実施をう…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

もしもピアノが弾けたなら・・・『ニューヨーク・ステイト・オブ・マインド/ビリー・ジョエル』

 もしもピアノが弾けたなら、一番に弾いてみたいのはビリー・ジョエルの『ニューヨーク・ステイト・オブ・マインド』(邦題ニューヨークの想い)。あとはイーグルスの『デスペラード』、ビリー・ジョエルならもう一曲『素顔のままで』。でも、あれはフェンダー・ローズのエレピの方があってるな。  実は『デスペラード』はもうかなり何年も前に練習したことが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

80年代洋楽再考【ナイロン・カーテン/ビリー・ジョエル】ビリーの異色作

 82年 ブリンスの【1999】と同じ年にリリースされたビリー・ジョエルの異色作。何かに抑圧された現代社会を彼なりのメッセージに込めて歌われる楽曲。それまでのビリーの、大都会の孤独や極一般の人々の生活をパーソナルに描いた作品に慣れたファンにとっては、ビリーの社会派宣言とも捉えられる内容。    しかし、サウンドの方は至ってポップで分…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

マイ・フェイバリット・ソングス去りゆくMさんヘ【ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー/ビリー・ジョエル】

 今日はとても悲しいことがあった。地元のコミュニティ・ラジオのパーソナリティMさんが明日で退職だということを、今朝のラジオで知った。本人の口から(放送で)聴いたのでショックもひとしお・・・。  別に個人的につきあいがあったわけではなく、俺のギャラリーの取材にきてもらったのをきっかけに何度か告知などをお願いしただけなのだが、彼女の出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一度 光 を!! ビリー・ジョエル 『ソングス イン ジ アティック』

 「セイグッバイトゥハリウッド~」今日取り上げるのは、ビリー・ジョエルのライブアルバム1981年発表の『ソングス イン ジ アティック』。  このアルバム、正直言ってあまりライブという感覚がなかった。 今回この企画を思いついていろいろなアーティストのライブアルバムをセレクトしている内に、「ああ これもライブ盤だ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more