テーマ:キング・クリムゾン

過渡期のクリムゾン【リザード】

 70年リリースのキング・クリムゾンのサード・アルバム。もはやファーストからのメンバーはロバート・フリップと作詞担当のピート・シンフィールドのみ・・・。  参加メンバーはメル・コリンズ(サックス・フルート)、アンディ・マカラック(ドラムス)、ゴードン・ハスケル(ベース・ボーカル)・・・それにゲストとしてキース・ティペット(ピアノ・キー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋のプログレ祭り〔27〕プレ・クリムゾン【ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ】

 正式なタイトルは【チアフル・インサニティ・オブ・ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ】68年リリース。 マイケル・ジャイルズ(ドラムス)、ピーター・ジャイルズ(ベース)にロバート・フリップ(ギター)が合流。 イアン・マクドナルド(サックス・フルート・キーボード)と当時の彼のガールフレンド、ジュディ・ダイブル(ボーカル)も加わって、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋のプログレ祭り③【アイランズ】キング・クリムゾン

 さてどちらかというと牧歌的な二枚のアルバムに続いて、今度は若干ジャズ的なサウンドの一枚を・・・。 キング・クリムゾン71年リリースの【アイランズ】。※クリムゾン自体は有名なアルバムはほとんど紹介済み。  オリジナル・メンバーはロバート・フィリップと作詞のピート・シンフィールドのみ・・・。ベースとボーカルにボズ・バレル・・・ボズって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝からクリムゾン・・・ヘヴィだな【USA】キング・クリムゾン

「ラッセ、ラッセU.S.A♪」いきなり青森ローカルのフレーズで申し訳ない!! しかし、このブログ青森在住の人で見てくれてる人どのくらいいるのだろうか? 洋楽ロックに興味のある人が青森にどのくらい住んでいるのか・・・知りたい。   しかし、なんでパチンコ屋の名前が「U.S.A」なんだろう?? おっとクリムゾンのアルバムのことだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[80's洋楽グラフィティNo.21]【ディシプリン】キング・クリムゾン[1981]

最初に聴いたときの違和感は今はもうない・・・果たしてこれはクリムゾンなんだろうか? そうロバート・フリップがいればクリムゾンなのだろう。エイドリアン・ブリューやトニー・レヴィンを迎えた[ニュー・クリムゾン]。  考えてみれば、69年~74年までの間もメンバー・チェンジを繰り返し、音楽性もひとつところにとどまっていなかったのがクリムゾ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プログレ日和②【スターレス・アンド・バイブル・ブラック】キング・クリムゾン

 さて、午前中はタイヤを夏タイヤに取り替えに行って、ちょっと買い物も済ませ、今クリムゾンのこのアルバムを聴いている。 普段クリムゾンはほとんど聴かないのだが、何となく今日の気分には合ってる感じ。ロバート・フリップ、ジョン・ウェットン、デヴィッド・クロス、ビル・ブラッフォードの4人による前衛的なサウンド・コンセプト。 アルバム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリムゾンにはないまったり感・・・マクドナルド=ジャイルズ

 【イン・ザ・コート・オブ・ザ・クリムゾン・キング】〔クリムゾン・キングの宮廷・・・宮殿は違訳〕は確かにプログレッシブ・ロックの名盤であるが、しょっちゅう聴きたくなるたぐいの作品ではない。 俺だったらむしろ、クリムゾンを抜けたイアン・マクドナルドとマイケル・ジャイルズのこのアルバムの方が楽に聴ける。 『スーツ・インC(ハ長調…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仙台での収穫【キング・クリムゾン/ポセイドンのめざめ】

 今回仙台でゲットした中古LP11枚の内、【ジャーニー・ファースト】【フランソワーズ】と、この【ポセイドンのめざめ】の3枚はあくまで壁にディスプレイするために購入したもの。音源はCDで持っているので別に良いのだが、かなり安かったし、ジャケットの状態も結構良かったのでゲットしたのだ。 で、せっかくなので今クリムゾンのセカンド・アルバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【キング・クリムゾン/太陽と戦慄】

う~ん、手強い!!毎回書いてて手こずるのはクリムゾン。【ラークス・タンズ・イン・アスピック】〔太陽と戦慄〕は73年の作品。メンバーはロバート・フリップ、ジョン・ウェットン、ビル・ブラッフォード〔ブルフォード〕、デビッド・クロス、ジェイミー・ミューアの5人。  デビッド・クロスのヴィオラ、バイオリン、メロトロン。そしてジェイミー・ミュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人呼んでメタル・クリムゾン【レッド/キング・クリムゾン】

 プログレ2発目はキング・クリムゾン。【レッド】と題されたアルバムはいきなりヘビィなリフが鳴り響くタイトル・ソング。ゆえにロバート・フリップ曰く[メタル・クリムソ゜ン]。裏ジャケットのメーターは赤の部分に振り切れている。  この時のメンバーはフリップ、ジョン・ウェットン(vo. b)、そしてイエスから引き抜かれたビル・ブラッフォード(…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『深紅大王の宮廷にて』キング・クリムゾン 邦題は正しく付けようぜぇ。

 『In court of the crimson king』邦題が【クリムゾンキングの宮殿】。おかしくない?「Court」を辞書で調べてみたら、案の定、「宮廷」って書いてあった。因みに「宮殿」だと【Palace】。「宮殿」と「宮廷」ではえらくイメージが違う。  しかも、「In」が付いているではないか。なんかずいぶんいい加減な題名の付…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more