テーマ:ブラック・オーク・アーカンソー

ダミ声ボーカルの魅力【キープ・ザ・フェイス/ブラック・オーク・アーカンソー】

 72年リリースのセカンド・アルバム。ジム・ダンディのダミ声ボーカルをフィーチャーしたサザン・ロック。 サザン・ロックの中ではハードロック色が強く、なかなか個性的なバンド。 なおドラムスのトミー・アルドリッチはこのバンドの後、パット・トラバース・バンドやホワイト・スネイクなどメタル・ハードロック系のバンドに引っ張りだこの売れっ子とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異色のサザン・ロック・バンド再び【X-rated】ブラック・オーク・アーカンソー

 以前にも紹介済みのサザン・ロックバンド、75年リリース。 とにかく個性的というレベルを遙かに通り越したジム・ダンディのボーカルが生理的に受け入れられるか・・・その一点だろうな。 わかりやすくいうとガンズのアクセルの声をやや低くした感じ・・・。ナザレスのダン・マッカファティにも近いか・・・。  サウンドの方はブリティッシュロックより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異色のサザン・ロック・バンド【ハイ・オン・ザ・ホッグ】ブラック・オーク・アーカンソー

 以前にも一度紹介したBOA(ブラック・オーク・アーカンソー)の通算4枚目のアルバム。73年リリース。 バンド自身の評価よりも、現在ではHM/HR系のバンドを渡り歩くドラマー、トミー・アルドリッチが在籍したバンドとしての方が有名なのだが、これがなかなかユニークなバンドで面白い。  一番の特徴は[ダミ声]としか表現できないようなジム・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンド・デイヴのルーツでは?【ストリート・パーティ】ブラック・オーク・アーカンソー

 このジャケットの中央で堂々の存在感を示す、上半身裸で金髪のロングヘアの男・・・どっかで見たことはありませんか? そうヴァン・ヘイレンのディヴ・リー・ロスにそっくり!! ただ単に容姿が似ているだけではない。このアルバムで1曲目に取り上げているのはマーサ&バンデラスの大ヒット『ダンシングイン・ザ・ストリート』。様々なアーティストが取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more