テーマ:マイルス・デイビス

ベタジャズ  マイルス・デイビス【Filles De KILIMANJARO】

久しぶりにマイルス。正直これは今までなかなか取り上げようと思っても積極的になれなかったアルバム。  やれモードだフリーだっていわれても、本来ジャズは俺にとっては心地よいか、悪いかってのが判断基準。 なので同じマイルスでも、ちょっと難解なのになると、とたんに及び腰になる。  エレクトリック・マイルスだと大抵大丈夫なんだけど、たまに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【アット・プラグド・ニッケル】マイルス・デイビス

1965年マイルスが体調悪化で入院、その後退院して復帰した年のラストライヴなのだそうだ。メンバーはマイルス、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ロン・カーターそしてトニー・ウィリアムズ もう最強の布陣! Vol.1とVol.2をあわせた二枚組。  個人的には『ラウンド・ミッドナイト』『星影のステラ』『オール・ブルース』『イエ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マイルス流ファンクの名作【アガルタ】

 夏場にはさすがに滅多に聴く気にはなれないものの、これからの季節ではバッチリ!! そう【ビッチズ・ブリュー】【アガルタ】【パンゲア】こういったアルバムでは、マイルスがいかにファンクを自分のものにしていったかがはっきりわかる。  エレクトリック・マイルスを「あんなのジャズじゃない」と毛嫌いするジャズ・ファンも多いが、俺らのようにロック…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベタジャズ【マイルス・アヘッド】マイルス・デイビス

 ギル・エバンスのアレンジとコンダクトによるマイルスのオーケストラとの共演。 トータル・アルバム的な響きが逆に新鮮!! スモール・コンボでのマイルスは最高だが、こういう作品も好きだな。  非常に映像的な作品であり、ジャンルは違うけど俺なんかはプログレっぽい印象を受ける。 その辺が魅力!! 57年リリース。   Mi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【マイルス・イン・ベルリン】マイルス・デイビス

 久々にマイルスを・・・。さすが名盤の誉れ高い一作。 マイルス、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムズ。  いやぁオープニングの『マイルストーンズ』いかす。 さらに2曲目は『枯葉』・・・このミュート・トランペットがたまらない。 「それがどうした」って意味の『ソー・ホワット』。繰り返される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベタジャズ【クールの誕生】マイルス・デイビス

 普段マイルスのアルバムの中では滅多に聴くことがない作品だけど、まあ、たまにはいいかなと・・・。 なんたって49年とか50年の録音だ。まだ、モダンだとかモードだとかいうかなり前だよね。  だけどこのスウィング感はやはり、並のプレイヤーでは出せない。 やっぱねマックス・ローチとかは乗りが古いんだなと・・・やたらドタバタしてる感じ? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベタジャズ[サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム]マイルス・デイビス

 立て続けにマイルスを・・・。61年リリース。[サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム]。 なんといってもこのタイトル・ソング。元々原曲がいいんだけど、マイルスのは別格!! 今日みたいな日の午後には、こっちの方がぴったりかな? で、2曲目の『オールド・フォークス』・・・これがまたいいんだよね。何ともいえない哀愁のあるマイルスのミュ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベタジャズ[ネフェルテティ]マイルス・デイビス・・・高校受験の思い出

 いやァ、曇ってはいるものの気温が上がって現在6度・・・。津軽地方では、この程度でもややありがたい気温なのです。 ただ、今夜は相当荒れるらしい・・・雨風が強まって日本海側は雪に変わる模様・・・週予報でも来週の火曜日まで雪マークなんだよね。ただでは、春は来てくれないんだな。  今日、青森県は一斉に県立高校の入学試験が行われている。 も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベタジャズ【E.S.P】マイルス・デイヴィス

 65年リリースのマイルス・デイヴィス・クインテットのアルバム。マイルス、ウエイン・ショーター(テナー・サックス)、ロン・カーター(ベース)、ハービー・ハンコック(ピアノ)、トニー・ウィリアムズ(ドラムス)。  ウェイン・ショーター作のタイトル・トラック『E.S.P』からスリリングでゴージャスなサウンドを展開。 『エイティ・ワン』・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレクトリック・マイルスの決定版【ビッチェズ・ブリュー】

 またやってくれたよ、ウェブリブログ!! ついさっきほぼ完成した記事が消えた。「このWEBページのコピーは古くなっており・・・」というおなじみの文章が表示されて、せっかく1時間近くかけて書いた文はものの見事になくなった。  全く、やる気を削ぐことこの上ない。 で、ウエストコースト紳士録は今日はやめて、ムシャクシャした気持ちをマイルス…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ベタジャズ【スティーミン】マイルス・デイヴィス

 マラソン・セッションとうとう最後の一枚・・・紹介順はリリース順とかじゃなくて、あくまで気分で選んでいます。ご了承のほどを・・・。 【スティーミン】・・・全く素人の感覚で書いていますが、【リラクシン】に近い肌さわりというか・・・そんなイメージ。 『サーレイ・ウィズ・フリンジ・オン・トップ』・・・ミュート・トランペット、軽やかで良いよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベタジャズ【ワーキン】マイルス・デイヴィス

 さてマラソン・セッション・・・続いて取り上げるのは【ワーキン】。 『イット・ネバー・エンタード・マイ・マインド』・・・この情感溢れるマイルスのトランペット・・・素晴らしいの一言。 『フォー』・・・たたみかけるようなフィリー・ジョー・ジョーンズのドラムにマイルスとコルトレーンのユニゾンによるテーマ。良いね。グルーヴィ!! 『イン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベタジャズ【リラクシン】マイルス・デイヴィス

 今日は朝8:55のヨーデル号に乗って、盛岡へ。 弘前はまだまだ桜が咲いていないので、一足先に盛岡城跡公園の桜でも見に行こうか・・・というのが表向きの理由。女房も桜見るならつきあうよってことで・・・。  俺の第一の目的は第28回盛岡中古廃盤レコード・CDセールに行くことだった。 俺は今回で3回目。まあレコードやCDを手に入れてから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルスのロッキン・ジャズ【ジャック・ジョンソン】マイルス・デイビス

 夕食時に飲んだアルコール4パーセントのドリンク350ミリ・リットル・・・きっちり30分で眠くなり、ベットに横になるといつの間にか夢心地・・・それから約1時間ですっきり目が覚める。  俺の場合いつもそうだ。そう、あるきっかけ以来、アルコールをとるといつもこんな感じ・・・。 で、近々聴こうかなと思っていたマイルスの【ジャック・ジョンソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレクトリック萌芽期【マイルス・イン・ザ・スカイ】マイルス・デイビス

 時代は若干遡って・・・68年、段階的にエレクトリック楽器も導入していったマイルスだが、この【イン・ザ・スカイ】においてはいよいよ本格的にエレクトリック化に取り組んだということが言えると思う。 エレクトリック化といっても、ここでは『パラフェルナリア』でのジョージ・ベンソンの参加とハービー・ハンコックのエレピ位ではあるが、それよりも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強靱なファンク・グルーヴ【オン・ザ・コーナー】マイルス・デイビス

 今日の気分はマイルス・デイビス。それもエレクトリック・マイルスでいってみよう。 まずは72年の【オン・ザ・コーナー】。ストリート感覚あふれるファンク・ジャズ。【ビッチェズ・ブリュー】なんかに比べるとよりファンク、ロック色が強く、ジャズに抵抗がある人でも割とすんなり聴けるのではないかと思う。 メンバーはマイルス親分、ベニー・モウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベタジャズ【マイ・ファニー・バレンタイン】マイルス・デイビス

 【フォア・アンド・モア】に対してこちらの方はぐっとロマンチックでブルージー。アッパーな演奏を聴いたあとに興奮を沈静化させるといった効果があるように思う。 『マイ・ファニー・バレンタイン』『オール・オブ・ユー』『星影のステラ』『オール・ブルース』『アイ・ソート・アバウト・ユー』 実際の演奏順はわからないが、こうやって聴いてみると【フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベタジャズ【フォア・アンド・モア】マイルス・デイビス

いやぁよく寝た。本当は7時半頃いったん目が覚めたんだけど、二度寝したら11時半になっていた。この一週間割と睡眠不足だったので、なんか一週間分寝たって感じ。  久々のベタジャズ・・・しかもマイルス。64年ニューヨーク・フィル・ハーモニック・ホールでの実況録音。 パーソネルはマイルス親分にジョージ・コールマン(サックス)、ロン・カーター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベタジャズ【ウォーキン/マイルス・デイビス】

 さて昨日はロック三昧の1日だったが、今日はジャズをゆったりと聴いている。 マイルス・デイビス・オール・スターズ名義の54年の作品。 マイルス親分、J.J.ジョンソン(tb)、ラッキー・トンプソン(ts)、デイヴ・シルドクラウド(as)、ホレス・シルバー(p)、パーシー・ヒース(b)、ケニー・クラーク(ds)。 タイトルソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊び心にあふれたエレクトリック・マイルス〔Live-Evil〕

エレクトリック・マイルスの名盤は数々あるが、71年のこのアルバムも少なからず衝撃的であったと思う。 アルバム・タイトルは〔Live〕と〔Evil〕という回文さながらのものだし、納められた曲『Sivad』は『Davis』 をひっくり返しただけ、『Selim』はひっくり返すと『Miles』となる。なんか遊び心があるなぁと・・・。 だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベタジャズ【マイルス・デイビス/ディグ】

 さて買い物も終わったし、夕食の支度も終了。今日はあとゆっくりジャズでも聴こうっと・・・。最初【ピッチズ・ブリュー】聴こうと思ったんだけど、今日の気分に合わないので、こっちにした。 1951年録音の【ディグ/フィーチャリング・ソニー・ロリンズ】。良いなマイルスもロリンズもまだ若い若い・・・。 『ディグ』のはつらつとしたマイルスと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベタジャズ【マイルス・デイビス/ソーサラー】

 67年リリースの【ソーサラー】。マイルス親分+ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムズ・・・マイルス・クィンテット。 ボートラ一曲がバスター・ウィリアムズがロン・カーターの代わりに入った『リンボ』の別テイク。 『ナッシング・ライク・ユー』・・・マイルス、ボブ・ドロウ(ボーカル)、ウェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベタジャズ【マイルス・デイビス/スケッチ・オブ・スペイン】

 マイルスの何処が好きかというと、それは唯一無二の音色(ミュート付けてても付けてなくても)とフレージング。 本格的なジャズでもエレクトリツク・マイルスでも、ほんの1音吹くだけでマイルスだってわかる個性。 それはジョン・レノンが「アウッ」てシャウトしたり、キースが「ジョリ~ン」ってコードをかきむしるだけですぐわかるのと似ている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベタジャズ[24]マイルストーンズ/マイルス・デイビス

 タイトル・ソングの『マイルストーンズ』は大好きな曲。しゃれた『ビリー・ボーイ』や『ストレート・ノー・チェイサー』のいなせなグルーヴも良いな。 でも『Dr. Jackle』なんかは、なぜか凄くせかされているような感じで落ち着かない。2曲目の『シーズ・アヘッド』のゆったりしたスウィング感は良いんだけど・・・。 メンバーが凄い。帝王…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ベタ・ジャズ⑱〔クッキン/マイルス・デイビス〕

「タラ・ラッタ・タッタッタッ タラ・ラッタ・タッタッタッ♪キューピー3分間クッキング!!」て訳で、二年前の春から秋くらいまではよく料理を作っていた。といってもカレーとか煮物とか野菜炒め、チャーハンぐらいだけど・・・。 ここのところは、体調の所為もあるけど作らなくなったな。味噌汁くらいか・・・。 〔クッキン・ウィズ・ザ・マイル…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ベタ・ジャズ⑦[マイルス・デイビス/ラウンド・アバウト・ミッドナイト]

久々のベタ・ジャズ 長年ずっと考えていて未だにわからないのが[ラウンド・アバウト・ミッドナイト]なのか[ラウンド・ミッドナイト]なのか、どっちが正しいのだろう。  アルバム・タイトルには[アバウト]がついているが、1曲目のタイトルにはついていない。その辺は[アバウト]にとらえてればいいんじゃないの?って言われればそれでいいのかもしれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マイルスわろてるがな!!【マイルス・スマイルズ/マイルス・デイビス】

 俺は平気でストーンズの次にマイルスも聴くし、その次に陽水聴いたり、プログレやツェッペリン聴いたりする。 以前にも記事に書いたけど、別に〔ロック親父〕っていってるけど、それはあくまでその方がブログの内容が分かり易いからそうしているだけで、基本的には音楽は雑食なんで・・・。  で、その時の気分でジャズがぴったりくる時はジャズ、ボサノバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BAG'S GROOVE /Miles Davis & The Modern Jazz Giants

マイルス個人というよりジャズの名盤。また、ベタなのを持ってきたなと思っているでしょうが・・・その通りデス。 【Bags】って言うのはミルト・ジャクソンのあだ名。ミルト・ジャクソンの眼が大きいだけでなくとびだしていることから付けられたらしい。  しかし「虫」って強烈だよな。ロジャー・ディーンだったら、絶対ジャケット・アート巨大な虫に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャズ雑感【マイルス・デイビス/カインド・オブ・ブルー】だけど何か?

「おぎやはぎですが、何か?」っていきなりジャズと全く関係ない出だし。俺はおぎやはぎのあの脱力感いっぱいの笑いが結構好きだ。特にヤハギのあのゆったり感はちょっと昭和の伝統的な漫才の口調に通ずるものがあるように思う。 【So What】というのは、英語で「何、どうかした?」ってな感じの言葉。黒人の人達が良く使う表現。  マイルスの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more