テーマ:タワー・オブ・パワー

結成50周年タワー・オブ・パワーの新作【ソウル・サイド・イン・タウン】

 さてこちらは正真正銘の新作。タワー・オブ・パワー・・・なんと結成50周年とのこと。凄いね。 もっともメンバーチェンジは限りなくあったけど・・・一度も解散しなかったというのはえらい。  リーダーのエミーリオ・カスティーヨ、スティーヴン・ドク・クプカ、フランシス・ロッコ、デビッド・ガリバルディ・・・この四人は現在もこのバンドの屋台骨。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タワー・オブ・パワー40th Anniversary

タワー・オブ・パワーの結成40周年を記念した2011年のライヴ。嬉しいことに音源だけでなく、CDとDVDのカップリング商品。  現在もエミリオ・カスティロを中心に活躍中だが、これまで限りなくメンバーの入れ替わりがあって、今現在誰々が正式メンバーなのかよくわからない。※輸入品なので英語の解説もよくわからない(^_^;  ただ、言える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タワー・オブ・パワー「エイント・ナッシン・ストッピン・アス・ナウ」

 邦題【夜の賭博師】・・・76年リリース。久々のタワー・オブ・パワー。これまで紹介してきたアルバムに比べると聴く機会がそれほど多くないけど、いいね。悪くない。  ブラス主体で独特のグルーヴとロックのカタルシスを兼ね備えたサウンドは、ありそうでいてそれほど多くはないはず。  特に白人中心のバンドではAWBとタワー・オブ・パワーが双璧で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中身が濃厚【ライヴ・アンド・リヴィング・カラー】タワー・オブ・パワー

 さて、久々のタワー・オブ・パワー。今回は76年リリースのライヴ作。全5曲というのに一瞬、とまどったが、聴いてみたら曲数の少なさは気にならなくなった。そのくらい1曲、1曲が充実しているし、インプロヴィゼーションも、ラストの『ノック・ユアセルフ・アウト』が23分もあるということから、納得!! オープニングの『ダウン・トゥ・ザ・ナイトク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タワー・オブ・パワー・デビュー作【イースト・ベイ・グリース】

 70年リリース。大好きなファンクバンド、タワー・オブ・パワーのデビュー作。 現在とはかなりメンバーの入れ替わりはあるが、オークランドのベイ・エリアが産んだひときわジャジーでホットなバンド。イギリスにはAWBがいたが、アメリカにはタワー・オブ・パワーがいた。  そう、別にメンバーの黒人率が低かろうが、十分にファンキーでソウルフルなサ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日もご機嫌!!【イン・ザ・スロット】タワー・オブ・パワー

 さてTのつくアーティスト4組目は・・・タワー・オブ・パワー。 これまでも何度も取り上げてきたけど、今回は75年のいかしたジャケットの一枚。  この当時のメンバーはボーカルがヒューバート・タブズ、ギターがブルース・コンテ、キーボード・・・チェスター・トンプソン、フランシス・ロッコ・プレスティア(ベース)、デビッド・ガリヴァルディ(ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これまたご機嫌なファンク【バンプ・シティ】タワー・オブ・パワー

 72年リリース。オープニングの『ユー・ガット・トゥ・ファンキファイズ』のかっこいいこと!! 『ホワット・ハップンド・トゥ・ザ・ワールド・ザット・デイ?』はややシカゴのような粋なナンバー。もちろんブラス・セクションの力が大きい。 『フラッシュ・イン・ザ・パン』・・・これはちょっとジャジーなグルーヴがいかす!! 『ゴーン』・・・ピア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タワー・オブ・パワー全盛期のライヴ【ヒッパー・ザン・ヒップ】

 これは昨年リリースされた1974年のアーカイヴ・ライヴ・アルバムで、結構前にギニー・イン・ユア・ルームさんのブログ[ギニー・オン・ザ・ウォール]で紹介されていて、凄く気になったので先月入手したのだが、ずっと紹介しそびれていたもの。  いやぁ、これ最高です。74年といえば【バック・トゥ・オークランド】を出したばかりの頃・・・メンバー的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺的名曲100選[37] ファンク三昧!!『タワー・オブ・パワー/ホワット・イズ・ヒップ』

 弘前はせっかく開花宣言が出されたのに、いやな雨模様・・・。そんなムシャクシャした気分を吹き飛ばすのがこんな曲!! タワー・オブ・パワーの『ホワット・イズ・ヒップ』73年のヒット。圧倒的なブラス隊の響き、グルーヴィーなリズム隊。 ジャズとロックとソウルを凝縮して、ほんの少しラテンの香りを・・・。そこら辺のハード・ロック・バンドやミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベイエリア・ファンクの粋な一枚【バック・トゥ・オークランド】タワー・オブ・パワー

ファンクが恋しい季節になってきました。で、今回はタワー・オブ・パワー!!  ファンクといっても黒人のメンバーがメインではなくて、プエルトリカンやチカーノのメンバーが多いタワー・オブ・パワーは、ブラック・ミュージックの影響は大きいものの、ラテンやジャズの要素の強い独特のサウンドを持っている。  また、なんといっても売りは、ホーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more